So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

電撃大賞の選評 [自作原稿抜粋]

DSC06543.JPG


                            第24回電撃小説大賞
                          3次選考 選評シート

作品名:キャバレー・ウエスト・ムーン


 この作品は 2次選考 を通過しました。 2次選考通過作は 応募総数5,088作品中216作品 です。
評価その1 項目 A B+ B B- C 総合B+ コメント
オリジナリティー ○B+
ストーリー ○B
設定 ○B+
キャラクター ○B
文章力 ○B+

評価その2 項目 A B+ B B- C 総合B+ コメント
オリジナリティー ○B+
ストーリー ○B+
設定 ○B+
キャラクター ○B+
文章力 ○B


舞台、登場人物、それぞれに個性が感じられ、また回りくどくも、淡白 にも捉えられる文体やテンポについても、読み進めるにつれ独特の 音楽っぽさが感じられるようになり、とても印象に残りました。 ストーリーの骨格を成すキャバレーを舞台にした各出来事1つ1つは 際立っているものの、一方で全体の流れにおける関連性が見えにく いため、終盤の展開がやや唐突に思えます。登場人物の独白が何 シーンかありますが、主義主張の出方が唐突すぎると読者が不意を 突かれてしまい悪目立ちしてしまうかもしれません。 世界観と文章表現が持つ力は特筆するべき点だと考えますので、何 か1つ軸となる要素があるとより魅力的な作品になるのではないで しょうか。


バーテンダーの目線でキャバレーのステージと、ステージバンドのメンツ やホステスの人間関係を描いた作品。自然なセリフ回しと簡潔な状況描 写が特徴で、流れるようにお店の様子や演奏を表現している(音楽は専門 外なので内容の真偽は不明ですが。ちょっと音楽用語がくどいかなという 部分はあります)。物語はダラダラとした日常があるだけと表現することも できるが、キャラがいきいきと動いていてセリフのひとつひとつに迫力があ る。また、ヤクザの抗争の舞台になったり、くすぶっていたキャラが輝くエ ピソードがあったりと、変化をつけているのもいい。エピソードは長々とひ きずることはなく、簡潔に未練なく終わって次のエピソードが始まってい る。歯切れの良さが音楽を思わせるのも本作の魅力になっている。ただ、 書いてから時間がたっているのか、阪神大震災の話題がちょこちょこでる ほか、同じ説明をエピソードが変わるごとに繰り返す部分があったのが少々気になる。



※各項目のA~Cの評価は、第3次選考 における選考基準のものです。

nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

sakamono

う~ん、こんなふうに評価してくれるんですね。
これを読むだけで、すごいコトだなぁ、と思います。
by sakamono (2017-12-06 23:59) 

山雨 乃兎

>sakamonoさん
この作品、書いたのが相当まえなのですよ。
この頃は、「絶対受賞してやる」とやっきになってました。
自営業を始めたり、作業所に行きかけたりして、すっかり書く余裕がなくなっていました。
折角長期休暇をとったので、存分に書きたいと思っています。
また、お寄りしますね。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2017-12-07 00:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント