So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『ゲゲゲの女房』を観ていて… [ラフに語る、つれづれ記]

 今日も、『ゲゲゲの女房』を観ていたのです。

 話しは、どんどん佳境にはいるので面白いのです。

 それで、本編の内容とはあまり関係ないことなのですが、村井布美枝さん役を演じる松下奈緒さんの身長が、かなり高いことに気づきました。

 今日の話しのなかで、布美枝が思案しながら部屋を歩くシーンがあったのですが、和室の鴨居を、ちょっと頭を捩って避けていらっしゃいました。

 僕も、よく有るのです。

 鴨居の高さを我が家で計ってみたところ、増築前の旧自宅のは174センチでした。増築後の部分では178センチぐらいの高さでした。

 そこに、僕も、ときどき頭をぶつけてしまうのですよ。(僕で、身長183センチです)

 でも、向井理さんも背が高いから、ちょうど良い感じの夫婦に描けていますね。

 毎回ほんわかとした情緒が映像から伝わってきて愉しいです。観るのが愉しみです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

sakamono

小学生の頃、小学館の「妖怪入門」を買って読んでいました^^;。
鬼太郎が好きというよりも、そうした妖怪を見るのがおもしろかったのです。
水木しげる、なんだか定期的にブームが来るような気がしますね。
by sakamono (2010-08-15 09:28) 

山雨 乃兎

>sakamonoさん
僕は小学生の頃は漫画はあまり読みませんでした。ドラマに出てくる青少年育成の為の団体のように、漫画が低俗なものと思い込んでいました。今では考えが変わりましたが。
妖怪のラインナップを観るというのが愉しいですね。
今回の水木しげるブームは、奥さんに出版社が自伝を書いてください、と打診したことから始まったようですね。
今では、妖怪が出没しそうな場所が少ないですね。^^
また、お寄りしますね。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2010-08-15 17:54) 

Facebook コメント

トラックバック 0