So-net無料ブログ作成
楽器説明 ブログトップ

楽器購入ガイド(トランペット編) [楽器説明]

 私は、中学時代は吹奏楽部でトロンボーンを吹いていた。その後、高校では運動部に入ったが、趣味としてトランペットに持ち替え、文化祭に出演した、という経緯がある。

 そこで、私なりに、トランペットを購入する場合、どんな楽器がベストかを書いてみたいと思う。

 まず、一押しではないが、男なら一生に一度は持ってみたい楽器、がこれだ。↓

 

 

 高い? 高すぎる? そういう声も聞こえてきそうだ。

 当然だ。

 ヤマハの最高級グレードである。

 C管である。C管はクラッシックの演奏のときに多く見る。

 基本的にC管でもB♭管でも、楽譜を書き直せば演奏に支障はない。(自分で書き直すのは、かなりややこしいが……)

 ピストンでなくて、ロータリーバルブである。この方式だと、操作の音がほどんど出ない。楽器の鳴っている音だけを、どんなに静粛なシーンでも披露できる。

 まあ、ともかく、次に一押しの楽器を紹介しよう。これだ。↓

 

 大体、トランペットでは、価格15万~20万越えくらいのを選ぶと間違いない!
 それも、同じ価格帯では、ヤマハのカスタムモデルよりも私は『V.Bach』のものをお薦めする。
 銀メッキである。銀メッキは、ラッカー塗装よりも塗装の分の厚みは厚い。
 塗装が厚いと、楽器本体がぶ厚くなる、ということで、そうなると若干鳴りにくい。
 しかし、逆に本体の厚い楽器は、自分の手元では鳴りが弱いが、遠くまで音を到達させる面もある。
 そういう音の好みによっては、同じバージョンのラッカー塗装のものを探されてもよいだろう。

 トランペット購入の際に、選ぶのには、私は断然、試吹をお薦めする。

 管楽器に限らず、弦楽器でも、どんなに名の売れたメーカーのものでも、個体差がある。

 つまり、当たり外れがあるのだ。

 だから、断然、試吹のできるお店で吹いてから、その場で決めるのが良いだろう。

 

 ついでに、一押し、もう一体↓

 

YAMAHA YTR-850

YAMAHA YTR-850
価格:153,000円(税込、送料込)

 ベー(B♭)管、スタンダード、手頃な価格、しかも色の配置がよい。

 近頃の楽器の価格の変動、物価上昇率、というのを知らないのだが、上記機種でおそらくカスタムモデルだろう。(グレードの一番上のモデルである)

 ヤマハのトランペットなら、プロモデルかカスタムのグレードのを買うと失敗がない。

 中高生が部活で使うのだったら、その下の、インペリアルモデルくらいでも充分である。

 その下の、カレッジモデルは、流石にいい音は出ない。(完全な入門者向け、といったところだろう)

 ヤマハの、プロモデル、インペリアル、カレッジモデルに関しては、アフィリエイトサイトでは探せなかったのでご容赦を。

 最後に、「そんな本格的な演奏は、私には始めから無理やと思うてるし、安かろう・悪かろうでエエねん。気分が味わいたいねん」

 という方に、一体紹介しておく。↓

 まあ、最初、ただの愉しみでやっていたら、本気になってきた、なんてこともあるだろうし、その時に一人前の楽器を買うというのも手である。

 それでも言えることは、或る程度、鳴る楽器から始めないと、楽しくないよ、とは言っておく。

 やはり、その点では、ヤマハだと、インペリアルモデル、プロモデル、辺りが妥当だろう。

 さて、どこで練習するか、だが、部活にはいっているなら音楽室ででも校庭ででも練習はできるだろうが、大人になってから始めた場合は、家で吹くわけにもいかないだろう。

 かなり大きな音がするからである。

 海岸に行って吹くか、山に登って、というのも手である。

 やはり、お薦めは音楽練習スタジオである。

 ミュート(弱音器)をベルに嵌めて吹く、という手もあるが、トランペットの場合、弱音器を嵌めると、息の抵抗がかなり大きい。それで強めに吹かないと鳴らないので、本来の意味の練習には向かない。

 まあ、家では、マウスピースだけで鳴らすことをお薦めする。

 トランペットというのは、トロンボーンやユーホニュームと違って、マウスピースのサイズが始めから人間の口には合っていない。

 どちらかというと、唇が薄い人に向いている。

 しかし、唇が厚い人が吹けないということではないし、唇の厚い奏者でも上手い人は大勢いると思う。

 唇を横にひっぱって、さらに唇自体を内側に巻き込む、ということをしてアンブシュア(楽器を吹くときの唇の形)をつくる。

 トロンボーンほどてきめんではないが、トランペットも音が抜けない(音がくぐもる)と、音が下がるし、吹いていても爽快になれない。まして、音が下がると、楽団全体のチューニングに合わせられなくなって、置いてきぼりになる。

 日々、ロングトーン(音を長くのばして吹く)という基礎練習をするしかない。

 いい音が出るまでに、三ヶ月~半年はかかる。

 でも、はじめて良い音が出せたときの感動は一生忘れることがないだろう。

 尚、フリューゲルホルンもコルネットも、音域はトランペットと同じである。

 コルネットはトランペットに比べて最初からだんだん管が太くなっていく。トランペットは最初からの太くなる変化が少なくて、最後の出口、ベルの手前になって管が急激に太くなる。だから、トランペットは直線的な音がして、コルネットは、柔らかいホルンのような音がする。

 フリューゲルホルンに関しては、私はよく知らない。おそらくコルネットよりもよりホルン的な構造なのだろう。ただし、管の長さに比べて最後のベルの部分でかなり太くなっているので息を喰うだろう。音の安定が難しい面がある。

 ソロや軽音楽での演奏を目指す人には、フリューゲルホルンもいいが、吹奏楽ならコルネットまでが似つかわしいと思う。管弦楽ならトランペットにすべきだろう。

 皆さんの奮闘を祈ります。

 それでは、また。(^。^)


楽器購入ガイド(ギター編) [楽器説明]

 自分の得意分野ではないけれども、私もギターは弾く。

 そこで、ギターの購入に際して、私の意見を述べてみたい。

 初心者なら、まずは、これは、どうだろうか↓

K.Yairi ヤイリギター P-3 アコースティックギター

 フォークなのか、クラシックなのかが、ちょっと分からないが、アコースティックギターである。

 トップ、ソリッドスプルース、バック/サイド、メイプル、ネック、マホガニー、というのは、ギターの王道の材質選択である。

 完全なる手作りギターで、価格がこれくらいすれば安心である。

 一見、セミアコギターっぽいのが尚いい。ピックを使うユーザーを意識して、ピックガードもついている。

 ギターと言えば、やはり、ストラトキャスターという人には、これは、どうだろうか↓

 すまん。ギターは専門外なので、ストラトキャスターとテレキャスターの違いがわかってないのだ。

 フェンダー製でないと、そう呼ばないのかも知れない。

 それにしても、同じエレキをはじめるなら、これくらいの価格のものを持ちたいものだ。

 どうせ、持った瞬間、構えた瞬間に、「こいつは出来るな!」と思わせたいなら、レスポールはどうだろうか↓

 

 ギブソンのレスポール! バリバリである。

 私が若い頃は、レスポールといえばジャズやフュージョンにしか使われないものと思い込んでいたが、実際はそうでもない。時代の変化かな。(正確にはよく知らないのだが)

 今は、どんなジャンルででも、レスポールを抱えていても、格好わるいことはない。むしろ格好いい。

 最後に、資金はないが、情熱だけはある。しかも自室で大きな音は出せない、という人のために廉価なエレキギターを紹介しよう。エレキなら、アンプに繋がなければ、音は極少である。↓

 これだけ廉価な上に、ボディーは軽量。ストラップで肩から提げるときの疲れ方が違うだろう。

 三点ピックアップ方式、さらにアームもついている。(今回のは、アームはないようである。サイトでご確認を)

 ベンチャーズなどの音楽にもぴったりだ。

 それでは、今回はこの辺で。

 次回からは、金管楽器編をお送りする。

 乞うご期待!


楽器購入ガイド(ドラム編) [楽器説明]

 どんな楽器を選んだらいいのか。

 それを、ご教授いたします。

 まずは、自分の本業のドラムから。

 フュージョンやジャズの同じバンドの他のメンバーに遜色ないプレーをするには、小さいタムタムと充分なセット点数、そこで、このセットはどうでしょうか↓

ドラム・セット フュージョン 5P REMO Head LREMGS0951BZ

 リンクの画像が小さかった。

 それでは、画像でわかりやすい、このセットは、どうでしょうか↓

 同じ四点セットでも、これくらいの価格のものを買わないと、シンバルがちゃちい。ちゃちい、というのは、音が薄っぺらいということである。

 廉価で、且つ、フュージョン向けのセットということになれば、タムタム10と12、バスタム14と16、スネア深さ5.5インチでダブルバスという、このセットはいかがだろうか↓

 

 充分なパフォーマンスを発揮する!
 フットペダルやシンバルだけを、後で変えればいいのである。
 フットペダルは、私の経験上は、TAMAの、価格でいくと中クラスのがいい。軽いので速く動く。
 シンバルは、Aジルジャンを、試打して買えば、ばっちりである。
 シンバルを買う(本格的なものに買い換える)ときには、試打できる楽器店に行こう。

  上記セットで廉価なのである。ドラムの場合、点数が増えると総額が上がる。しかも高級な単体ばかりでセットを組むと、60万はするのが普通であるからだ。

 ハードロックやヘヴィイメタル指向なら、ドラムのサイズは、バス22インチ以上、出来れば24や26がいい。スネアは深胴6.5以上、タムタムは最低でも12インチから流して、13インチ14インチでもいいくらい。バスタムは16か18。二つ並べるのもいい。

 ハードロックなら、胴はメイプルの素材がいい。
 足回りは、そのメーカーで一番高級なものを用意すると、頑丈なのでパワフルな演奏にも耐える。

 話が、フュージョンやジャズに戻るが、スネアは、断然ブラス素材がいい。

 こんな音が、木製でない胴のスネアで出るのか、と思えるような深い音が、ブラス胴のスネアからは出る。それも、革を充分になじませてからだが。

 こちらをお薦めする↓

 ↑これを買えば、完璧である。

 やっぱり、ブラス胴は、ヤマハでないとね。尚、リンク先で、ブラス胴かどうか、よく確認してから購入されることをお薦めする。

 おおよそ、スネアドラムのなかでは、ブラスの材質の胴のスネアが私の経験上、一番よい。

 たとえば、廉価な四点セットを使っていても、スネアだけ、これに変えると、そのレスポンスの違いに驚くはずだ!

 ドラムの肝心はスネアである。

 そのスネアが充分に鳴っていると、他のタムタムも鳴っているように錯覚させられる。

 安い木胴のスネアとは雲泥の差だ。

 ドラムは、そんなに高いセットを始めから買う必要はない。

 セットで四万円ぐらいのものでも、それで練習すれば充分で、しかも、コンサート(本番)のときには、アンプを通すので、多少鳴りがわるくても音響でカバーしてもらえる。

 楽天やバリューコマースや、メーカーのサイトに行って、廉価なセットを選ぶとよい。

 ただし、高級な楽器は、素材がよいので、鳴りがぜんぜん違う。

 同じバンドのメンバーと練習していても、高い楽器だと、弱いショットでも充分な鳴りを表現できるのだ。

 バンドのメンバー全体のやる気も上がると思う。

 最後に、エレクトリックドラムを一点、紹介しておこう。

 住宅事情から、大きな音のする楽器を家で練習できない向きもあるだろう。

 限りなく生楽器に近い革(ヘッド)のレスポンスで、ヘッドホンから、或いはアンプを通してから、音を愉しむのには、エレクトリックドラムが一番である。↓

 【追記】すまない。このタイプはゴムヘッドなので、感触は革ヘッドを叩くのとは違っている。
 エレクトリックドラムを使う場合でも、革ヘッドのドラムも併行して練習することをお薦めする。
 ↑これだけの点数があれば、充分である。

 各パーツへの移動の練習にもなる。

 ドラムは、革で音質が決まる。正確には胴の鳴りも大事だが、たとえ胴が高級でなかっても、革が高級で充分になじませてあればそれなりの音は出る。

 REMOやラディック(今は、生産されてないかもだが)の革を張って、最初は張った状態で体重をかけて革を踏むなどして徐々に革をならして、充分なレスポンスのある状態にもっていってほしい。

 シンバルに関しては、昔はパイステというメーカーがよかったが、今はなくなっているので、セイビアンやジルジャンのシンバルを、是非つかってほしい。

 ヤマハやパールでも、少し値の張るシンバルも出している。これも中堅演奏者までには充分な音が出る。

 最後に、そんなにお金はかけられないが、情熱はある、という人のために、廉価なセットを紹介しておこう↓

 ↑思い切り廉価なので、多少鳴りがわるくても、システムの固定が不安定でも、そんなものだと思って使ってもらいたい。(充分、ドラマーを目指す登竜門にはなるはずだ)

 では、これで終わる。


楽器説明 ブログトップ