So-net無料ブログ作成

男が男に惚れる。 [ラフに語る、つれづれ記]

 作業所の19歳の青年に心酔されているのです。

 青年がN女史に言うには、

N女史「醤油倉行くか?」

青年 「山雨さんが行くなら行きます」

 そして、

「山雨さんが事業所を辞めるなら、僕も辞めます」

 と言うそうです。

 おいおい、自分のことなんだから、僕につられて行動することはないよ。

 なぜか、青年、僕のことが好きなようです。

 なんでかなー、どこにでもいるオッサンだけどなーー。

 人に好かれるのは、単純に嬉しいです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感