So-net無料ブログ作成

貴方は、SNS派、それともブログ派? スマホ派、それともパソコン派? [ラフに語る、つれづれ記]

 SNSという定義は、ブログを含まないという意味らしいです。

 ソーシャルネットワークサービス、というのですか。よく知らないのですが。

 fecebook twitter line youtube などですね。

 夏子さんに聞いたところによると、lineは、知りあい同士が結びつくもので、まったくの未知の人とは繋がらないそうです。

 それと反対がツイッターですね。

 誰でも結びつく。

 フェイスブックは、基本は知りあいとしか友達にならないですね。

 ツイッターだけはちょっと違うけど、これらのSNSは、みんな既知の者同士が会話しているのですよね。

 それはそれで、楽しいこともあるのでしょうが。

「また、コイツ、高額な飯くってるわ」

 とか、思ってしまいますよね。

 知りあいなんですから。

 知りあいか友達が、いい思いをした、というのを、わざわざネットで聞きたいですか?

 僕は、うざいだけで、まったく聞きたくありませんね。

 だから、僕は、SNSは、ツイッターだけで、メインはブログをやっています。

 ブログをやる意味としては、まったく関係ない第三者に共感を得てほしい、という思いからです。

 僕は、完全なブログ派です。

 本の宣伝だとか、稲見商会への勧誘だとか、すべて、まったくの他人に知ってもらいたいのです。

 夏子さんが、ご自宅のパソコンが、どんどんアドオンを実行するソフトが自動的にインストールされて重くなって、それが理由で、パソコンはほとんど使わない、と仰有ってました。

 今の時代、ネットへのアクセスも閲覧も、スマホで出来ますからね。

 ところが、僕の場合は、スマホでは、操作の手間がかかって邪魔くさいわけです。

 どう考えたって、両手でパソコンのキーをたたくほうが、検索でも早いでしょう。

 スマホユーザーは、キーボードよりは操作性が落ちるボタンを、でも、慣れてそれなりに速く打てるようになっていますが。

 スマホユーザーは、LINEとかをやって、自分のまわりの人たちと随時連絡をとります。

 僕は、知りあいとの連絡を密にするなど、うっとおしい。

「アイツ、またラーメン食ってるのかよ」

 そんなため息が出ます。

 あとは、スマホを持つ経済力がない、というのも、スマホを持たない理由ですが。

 知りあいとショートな会話をずっとするより、万人に向けて情報発信がしたいです。

 長文を速く打ちたいです。

 だからブログ派、パソコン派です。


小池ゆり子は、石原慎太郎を叩きたいだけやん。 [真夜中のつれづれ記…]

 自分より力のある人に、弱って去ってほしい、という気持ちは、政治家なら誰でもあるのではないだろうか。

 豊洲市場に、地下水が流入して、その水が汚染されていた、という事実を握った小池氏。

 石原元知事を糾弾するには充分な内容だったのではないだろうか。

 会見で、石原氏は、都の職員全体のせいだろう、と言っていた。

 小池氏は、石原氏に、平身低頭で謝ってほしいのか。

 人を責める心は、相手が謝るまで治まらない。

 豊洲への移転のプロジェクトを部下から聞かされた石原氏だが、部下を信頼して採択するしかなかっただろう。

 トップは、業務の枝葉末節を知っていない。それで当たり前だ。

 いったい小池氏は、石原氏に、どうしてほしいのだろうか。

 豊洲市場の不具合を直す資金を出してほしいのだろうか。

 一番は、想像するに、謝ってほしい、ということだろう。

 元都知事を責めて、楽しいか。

 私の考え方では、それが営利企業だったら、すべての責任はトップがとるべきだが、

行政では、そのプロジェクトを実行した者のトップが責められるべきだ、と思う。

 もう、こんな劇場型の芝居は、やめてほしい。

 起こってしまったことの責任を追及するよりも、今後、どう改善していくかのほうが大事だからだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コブちゃんのその後 [ラフに語る、つれづれ記]

 何で、ウチに泊まりに来れなかったのかを訊いたんです。

「誰が?」(相棒X)

 僕がコブちゃんに、コブちゃんは、なぜ泊まり来れなかったのか、を訊いたんです。

 ことの顛末を要約します。

 コブちゃんは、視界の中心が白濁して見えないという障害があります。

 それで、生活保護も受けて作業所で働いているのですが、

保護費支給日と給料日には、半ドンで帰って、色々買い物をするのが習慣になっているのですが。

 先日、僕の部屋に泊まろうか、と打診してきたときも当該の日でした。

 それでね。

 N町から西脇まで、自転車で行くことにしたそうです。

 ところが、市区町村の境のS坂で、それも登りで、自転車のチェーンが切れたそうです。

 仕方なく、坂を押して越えて、自転車屋まで自転車を持っていったそうです。

 すぐには直りませんよね。チェーンが切れてるんだから。

 コブちゃんは、修理を依頼して、もう、今日は西脇に行くのを諦めてバスで帰ろうとしたそうです。

 が、

 なかなかバス停にバスが来なかったそうです。

 目が悪いんじゃ、時刻表も見にくいですよね。

 それで、コブちゃん、その西脇の端からN町の自宅まで歩いて帰ったそうです。

 2時間かかった、と言っていました。

 多分、それが午後のことと思いますが、

僕は当日作業所から帰宅して、布団と電気毛布を用意して、自室の机を隣の部屋にのけて、午後6時ごろから9時ごろまでスタンバッていました。

 いやあ、僕も大変だったけど、コブちゃんも大変だったな。

 今度から電話だけ頂戴ね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感