So-net無料ブログ作成

小説の書き方講座7 [近況…]

 小説の書き方講座7をアップロードしました。


【済みません。漢字が間違っていました。「欧」ではなく、「殴」られた、が正解です。】
【さらに、「偏行」ではなく、「偏向」でした。】
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

10月31日(土曜日)、つれづれ。 [近況…]

 29日、ライブチャットを見て徹夜してしまった。

 病院へは、処方箋だけを出してもらって、後日処方箋をとりにいけばよい、と考えていたのだが、

電話に出た看護師が、かなりきつくて、

「調子がわるいなら、診察を受けてもらわないと困ります」

 と言って、診察なしでは薬が出せない、と強調する。(診察を受けに行ったとしても、3分診療だ)

「今日は、寝てないので、このまま診察を受けに行ったら、僕、考想伝播があるので、他の患者さんに迷惑がかかりますよ」

 といっても、まったく理解がない。

 そりゃそうだろう。看護師とて、まだ、あの症状を見たことがないのだ。

 ともかく診察に出てきてください、の一点張りなので、こちらが切れた。

「融通の利かない人やねーー。調子がわるくなってるんじゃなくて、今日だけ調子わるいんやがい!」

 それで、相手が折れてくれて、一週間後の診察となった。

 作業所には、謝りにくいが、今週と同じシフトを打診しなくてはならない。

 前職の営業のときに、社長に、よく言われたことがある。

「自分が有利になるように、出来るだけ相手を動かせよ」

 と。

 たとえば、同胞の他社と一緒に営業に行くときでも、その打ち合わせでも、出来るだけ相手側にこちらに近い場所に来てもらうように話を持っていく等だ。

 いい子で、他人の指示を全部聞くようだと、しなくてもいいしんどいことを引き受けることになり、肝腎の仕事に向かうエネルギーが減るからだ。

 相手に失礼にならないように、そして、相手の気分を害さないように、うまく相手を動かすことが大事なのだ。

 こういうことが処世術であり、戦略なのである。

 もっとまえの工場勤めのときには、社長に、こう言われた。

「ホンマに調子わるいときは、休め」

 ちょっと無理が利く程度の調子わるさなら、無理してでも出社すべきだが、

もの凄く調子がわるいなら、自分で決めて、相手が何と言おうと休むべきだ、ということだ。

 誰も、身体までは入れ替わってくれませんからね。

 ホントに調子わるいときは、酒も買い出しに行かず、備蓄しているウイスキーだけで済ませ、煙草が切れていたら、親に買い物のついでで買ってきてもらうことにしている。

 嫁がいた頃は、嫁に頼むと丁度よかったのだが……。

 さて、今日は、締め切りの日である。

 原稿を仕上げて、投函だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

仕事とは呼べない行為を、仕事とは呼べない。 [真夜中のつれづれ記…]

 ここ数年間は、堀江貴文氏の動画を見てきたのだけれど、

どんなことでも、それが収益につながっているなら、それでいいじゃん、という姿勢に、

結局納得がいかない。

 「ユーチューバー」、今は、糞ほどいます。

 高アクセスを集めているユーチューバーは、だいたい、小中学生向けに、ピエロを演じています。

 内容が、ペランペランです。

 変顔をして笑わせるだけです。

 人に雇われるよりは、起業すべき、というホリエモンも、

収益が出るなら、コンテンツに深い内容がなくてもいい、というようなことを、

結果的に言っているような気がする。

 最短で稼げて、その分野の事業主になれても、コンテンツに内容がない、とか、おもしろくないなら、

それは、プロとは言えませんね。

「そんなとこで、たこ焼き屋をやるより、アフィリエイトで稼げばいいのに」

 というようなことを、ホリエモンは言いますが、

仕事とは、過程を楽しんでいるか、が、大事です。

 ただ、他人より多く稼げていても、それは、仕事ではありませんね。

 ホームページ制作でも、プログラム制作でも、それが、やっつけ仕事でしかないなら、

クリエイターではないです。

 ロケット開発にしても、そこに投資しているだけですよね。

 自分が、そのプロジェクトに参加して、まあ、アイデアは出すかも知れませんが、技術開発の一翼を担っているわけではない。

 僕からしたら、リタイヤ組の遊びの投資にしか見えません。

「今は、何をされているんですか」

「ロケット開発とかですね」

 こういう会話が成り立ちますが、別に、ホリエモンは、ロケット開発に直にかかわっているわけではない。

 おおまかなアイデアは出すが、技術促進しているわけではない。

 同じ鉄工所に5年以上勤めるから、わかってくる技術があるのです。

 彼らは、そういう苦労や努力を、まったくしていません。

 アフィリエイトで儲かる話を持ちかけてくる若い人も、ほとんど、実務経験ゼロですね。

 金を動かすだけでは、尊敬に価しません。

 コンテンツをつくらないと。

 コンテンツとは、出し物です。

 他人が見たり聞いたりしたときに、喜べる作品です。

 金さえ集まれば、その金を、誰が出してくれたのかはどうでもいい、というのが、本当の仕事人の姿でしょうか。

 ホリエモンも、普通の仕事を経験している。

 と言う人もいるでしょう。

 『山崎パンのパン工場』での仕事ですね。

 ラインの仕事で、発送の直前の仕分けの作業ですね。

 あのね、仕事で、その人が、そこに行っていた意味があった、と言われるのは、

そこでスキルアップしたから、なのです。

 たしかに、パン工場の仕事のやり方を変化させようとして上層部とかけあった、というのは堀江さん、意味のある行動をとっていますが、

一般の人は、同じ仕事を何年もしているのです。

 パンの包装の仕事ではなく、パンそのものを作る仕事をしていたら、堀江さんもどれだけ学ぶことが多かったかしれません。

 その、パンを作る仕事は、たった1ヶ月や半年では習得できるものではないのです。

 ホリエモンには、一般企業で長期間スキルを磨いた経験がない。

 経営のことを、ああだ、こうだ、と言っている。

 だから、正解を聞かされても納得ができないのです。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

土曜日 [近況…]

DSC05605.JPG

 著者近影

 部屋を掃除した。

 これから図書館に行く、かどうか、を決める。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

10月23日(金曜日)、つれづれ。 [近況…]

 金曜の夜だけは、徹夜、ということで。

 目前に迫った締め切り。

 『群像新人賞』は、10月末締め切りです。

 作業所に行きかけてから、ほとんど書いてない。

 それまでに書いていたので、現在、75枚ほどは書けています。

 賞の規定枚数には、届いています。

 出しとこうかな。

 でもね、ストーリーが、ほとんどない作品よ。

 作業所は、相変わらず楽しい。

 しかし、たった五時間くらいの勤務で、しんどい。

 それに、作業所の僕が勤務しているフロアー、人数が増えてきたので、持病が持ちこたえるのに微妙なところ。

 ワンフロアー7人ぐらいが、限度かなーー。

 あとは、雑談しながら出来るかどうか、も、症状を抑える大事な要素。

 来月は、嫁の十三回忌。

 S子が亡くなって、もう12年も経つのですね。

 嫁が亡くなった5ヶ月後から、投稿生活にはいったわけです。

 ともかく、月末までに、原稿を書き足します。

 今日は、ここまで。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんで、手が遅いのか、わかった。 [近況…]

 ライブチャットで遊ぼうか、原稿を書こうか、と思いながら、疲れているので後回しにしてて、

ずっと同じことを考えていました。

 なんで僕、他の作業所のメンバーと比べて、手が遅いのか。(作業スピードが落ちるのか)

 考えた結果、結論が出ました。

 老化しているからですね。

 自動車の運転でも、自分でもわかるのですが、確認が不充分だったり、機敏性がなかったりする。

 もう、52歳ですからね。

 若いつもりでいたのは、小説投稿生活の12年の空白期間があったから、急に現場に戻ったから、老けたのを認識していなかった、ということですね。

 見かけが若いから、自身で若いつもりでいたけど、内面は、それなりに老けていたということ。

「みかん級になるぐらいですから」(相棒X)

 オイオイ。(笑)

 まったく初めての作業を、二人同時にしたとして、そりゃ、20代や30代の吸収力や反射神経に勝てるわけがない。

 50代ということを甘くみていました。

 ただ、50代は、世間では現役世代で一番脂ののっているとき、一番仕事ができる、と言われるのもこの年齢です。

 その矛盾は、答えは簡単。

 熟達したことに関しては、誰よりも速くできる、ということです。

 僕の場合、ドラム演奏や小説創作や、或いは、バスケットボールや管楽器の演奏だったら、素人の若い人には負けない。

 寿司屋の大将でも、長年経験を経ているから、若い子よりも素早く仕事ができるのです。

 やっと、これに気づきました。

 悔しいけど、老化したことを認めないといけませんね。

「山雨さん、ひょっとして、老化とは関係なく、もともとトロいのかもですよ」(相棒X)

 うーーん、それは、認めたくない。(苦笑)

 でもね、老化して、反射神経が鈍ることは、貴方も、50代になればわかりますよ。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幸せとは、いつ、どんなとき? [ラフに語る、つれづれ記]

 52歳にもなったら、ちょっとは、過去を振りかえってもいいでしょう。

 もちろん、今も幸せですが。

 一番幸せだったのは、いつでしょうか。

 神童と呼ばれた小学生時代。も、そうです。

 部活動に邁進した中学時代も、そうです。

 社会人になってから、夢を追いかけて東京に家出していたころ。も、そうです。

 40歳で、営業職がズバッと自分に当てはまっていた時期、も、そうです。

 知り合いが鉄工所の仕事を紹介してくれて、鉄工所に行っていたころ。

 その当時の生き方が、ひとつの幸せの形だった。

 仕事は、しんどいものと割り切り、数年辛抱して妻帯して子供をつくって、その子が育つのを見る、という平凡な幸せの路線もあったのかもしれません。

 でも、僕には、そういうことが出来なかった。

 ドラマーとか、作曲家とか、小説家とか、所謂、何者かになりたかった。

 そして、思い返す。

 屈託もなく、生業をしながら夢を追いかけていた若い頃が一番よかったなァ、と。

 しかし、もし、タイムスリップして、その頃に戻ると、決してそれが花園ではなかったことを思い出させるのです。

 若い頃は、哲学的善悪問答で頭のなかが一杯でしたから、いつも曇り空でした。

 夢をとるか、平凡な幸せをとるか、ですね。

 僕は、今でも、夢を追いかけています。

 今も、幸せです。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

思うこと [ラフに語る、つれづれ記]

 或る知り合いが、「バイクに乗るということは、風を肌に受けるので、新陳代謝が活発になるから、健康にいいのやで」と言うのです。

 そう。

 それは、今現在の健康のためにはいい、とは言えるのだけれど、

新陳代謝が活発になる、ということは、細胞分裂のスピードを上げていることであり、

細胞というのは、生きている間に分裂できる回数が決まっていて、

その回数まで来ると寿命を迎えるわけです。

 だから、新陳代謝を高めるということは、寿命を縮めていることになります。

 バランスが大事ですね。

 新陳代謝が遅すぎても、現代の健康によくない。

 不健康のまま、細胞分裂の回数を残していても、現代で病気になってしまっては、

それも寿命を縮める。

 それから、有酸素運動は、新陳代謝を活発にします。

 活性酸素も増やします。

 有酸素運動を過激にやり過ぎると、老化が早いです。

 若いマラソン選手でも、たしかに健康そうなのだけれど、

よく見ると、肌が乾燥気味だな、とか、老け顔だな、と思うのは、

有酸素運動をしすぎて(凡人に比べて)いるためです。

 一気に老けず、でも、現代も愉しみましょう。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感