So-net無料ブログ作成
検索選択

YAMAHAトランペット、カスタムYTR-8335中古、入荷!! [ストア関連情報!]

 ヤマハXeno入荷です。(済みません。よく調べてみた結果、当該商品は、Xenoではなく、Xenoが開発されるまえの、カスタムYTR-8335でした。お詫びいたします)

 試吹してみました。


 『YAMAHAカスタムYTR-8335中古美品!』ご購入は、→こちらから


『完全自殺マニュアル』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 鶴見済(つるみ・わたる)さんの、『完全自殺マニュアル』を読みました。

完全自殺マニュアル

完全自殺マニュアル

  • 作者: 鶴見 済
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 1993/07
  • メディア: 単行本

 例によって、感想は、追記をお待ちください。

   追記・感想

 「自殺は、いけない」という風潮・世論、道徳に対して、「そうとも言えない」という

見解の著者。

 人生は、人によって違う。自殺がいけない、と簡単に言える人は、とてつもなく大きな

挫折や不幸に遭遇したことがない人なのだろう、と著者が言うが、私もそう思う。

 本編では、自殺の方法について、前書き以外の部分の全編に書かれている。

 どういう方法があるのか。どの方法が、楽なのか。

 また、焼身自殺に限っては、世の中に訴えたいことがある場合、かなり有効である、と

する。

 クスリによる自殺の場合は、どの程度が致死量なのか、詳細に調べて書かれている。

 「首吊り」が、一番楽な方法らしい。詳細については、本編に譲る。

 感想とも、私の意見とも言えるのだが、自殺は、「逃げ道」であると思っている。

 どんな人でも、厭な人間関係から逃げる。そのために会社を辞めたりする。

 じゃあ、人生そのものが苦痛以外の何ものでもない状況になったら、逃げるのもアリな

のではないか、と思うわけである。

 そのときに、自殺という方法をとるわけだが、誰でも、苦痛は味わいたくないし、失敗

して障害者として生き残りたくもない。

 そうならないための方法を書いてくれたのが、この本である。

 今、人生が順調に行っていて、死ぬ必要もない人も、いざとなったときに、スパッと死

ねるように、この本を手元に置いておくのがよいのではないだろうか。

 一時は物議を醸し出し、流通が止められていた本だが、今は流通している。

 もう一つ言えることは、「自殺するしかない」と思い詰めたとき、「自殺以外の解決策」

は本当にないのか、を、誰かに相談してほしい。本人には見えていない解決策がある場合

もある、ということだ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2月25日(水曜日)、つれづれ。 [近況…]

 ショップのクレジット売上が、ゴボッと入金されました。

「ちょこっと、ではないのですか」(相棒X)

 いえ、「ゴボッと」です。(笑)

 これで、3ヶ月は保ちこたえられます。

 Uくんは、長い出張に出ました。

 縁を切ることにしていたので、これで、懸案は一つ去りました。

 散髪屋の友人から、加湿器を預かってきました。

 近々、オークションのほうへ出品します。

 暖かいですねーーー。

 パッチを脱いだよ。昼間。

 今は、穿いてるけど。

 話題跳ぶ。

 野生の猫が、我が家に寄生しています。

 どこからか、屋根裏に忍び込んだのです。

 もーう、夜中じゅう、どったんばったんです。

 しかも、屋根裏で、糞をしているようです。

 丁度、僕の部屋の天井のうえです。

 ちょっと臭いです。

 話題跳ぶ。

 捻挫が、まだ治りきりません。

 あとは、最近思うことを。

 僕の場合、統合失調症の症状の問題があるから、今の自営の仕事をしているんですけど、

ちょうどいいように思います。

 少人数で一時間くらいの話なら問題ないわけですし、ネットショップも、いくらネットの仕事といっても、

結局は、メールや電話で、リアルのお客さんと話すし、配送のために郵便局員とも話すのですから、

自分が弱いところだけをネットでカバーしてもらっているだけで、普通の仕事と変わりません。

 忙しくなってきたら、普通の会社勤めと同じタスク量になります。

 この、現代という時代に生まれて、よかったな、と思いますね。

 昔は、こういう形態の仕事はなかったですからね。仕事のやり方が。インターネット環境が。

 しかも、コンピュータ・リテラシーに、ついていけてよかった。

 僕らの年代の十年うえの年代だと、パソコンを使えない人が多い。

 文章が、演繹的になるので、この辺で終わります。

 面白い記事は、また今度ね。

 断線。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

真似されるということは、売れてきたということ。 [ラフに語る、つれづれ記]

 HIKAKINさんが、動画で批判されてますね。

 「シバター」という人の動画ですね。

 HIKAKINさんが、ビートボックスという特技では、充分に、世の中で抜きんでてるのに、それは認めず、「才能もない」「運だけでヒット数を集められた」と言って批判しています。

 HIKAKINさんの著作を燃やしながら、HIKAKINさんの読者登録への薦めのときにかかる曲を歌ってますね。

「♪トウロク、トウロク、トウロク。トウロク、トウロク、トウロク、トウロクー」

 いいか悪いかは、議論が分かれるところですが、

あそこまでやったら、痛快・痛烈ですね。

 有名になったら、アンチは、必ず出てきますからね。

 僕の場合は、

早くから、「ヤマメですか、笑」というキーワードが、選択候補に出てきていましたね。

 漫画らしいですね。

 どうも、僕のことを揶揄してる内容のようですが。

 それから、アマゾンで、「山雨乃兎」と検索すると、

雨乃 兎 とか、似たような筆名が、いっぱい出てきますね。

 アメノウサギは、官能小説を書いているみたいですが、漫画かな? よく知らないのですが……。

 たぶん、彼のほうが売れてるでしょうね。

「山雨乃兎」という筆名は、珍しかったのですが。

 お陰様で、検索ヒット数は、安定しました。

 太った、シャツが短くて腹が見えているウサギ、がアニメーションで描かれているCMも、最近見ました。

 完全に、こちらに対する挑発ですよね。

 リアルな場では、すれ違いざまに、長い咳払いをするオッサンが増えましたね。

 睨んでやりますけどね。

 男性だけじゃないですね。小母さんでも、咳払いしてくることがありますね。

 ファンが増えると、アンチも増えるものです。

 原稿は書けました。

 ネットショップのほうは、近々、YAMAHAのトランペットの高級モデルが入荷します。ご期待ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

愉快な、小父さん。 [ラフに語る、つれづれ記]

 今日、コンビニに買い物に行ったら、

友人の理髪店で、よく顔を合わせる70代くらいの小父さんに、

店先で会いました。

 こちらから声をかけ、しばらく立ち話をしました。

「アンタも、あの店、いっきょってのか」

 に、始まり、

もう二十年も通っている、というお話。

 店主である友人のお父さんに、こう言うそうです。

「わしは、二十年まえから、この店に来だしたんや。……その頃から、だんだん、うすーうなってきたんや。

これは、アンタとこの散髪の影響ちゃうか」(笑)

「わしの頭、もう、ほとんど、毛ェあれへん。……毛がすくないねんから、その分、安ゥわ出来ェんのか」(笑)

 こういう冗談を言うそうです。

 僕の頭を見ながら、

「アンタほど、毛が多けりゃエエけどよ」

「いや、これはこれで、剛毛で困ってますねん」

 と僕。

 面白い小父さんです。

 散髪じゃなくても、世間話をしに店に行くのは、その小父さんと僕ぐらいです。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思いつきで。 [真夜中のつれづれ記…]

 まずは、先日の下書きから 


 

 どうも、拙ブログのタイトルバナーの上部の、内部リンクのバナーは、

誰がみても、「真夜中のつれづれ記」を一番押したくなるような構造になっていることに、

今さら気づいた。

 「真夜中のつれづれ記」は、社会への提言を書いていることが多く、

しかも、トーンとして、「怒り記事」の傾向がつよいので、

新規来訪者が、それを読むと、嫌な気分になることもあるだろう、と考えられる。

 それで、改善策として、バナーを「ラフに語る、つれづれ記」と差し替えてしまえばよいわけだが……。

 バナーを新しくつくるのが、めんどくさいので、

とりあえず、「真夜中のつれづれ記」と「ラフに語る、つれづれ記」を併合することにする、と決めた。


 と、ここまで書いていますが、統合はしませんでした。

 タイトルバナーの上部の、自サイト内リンクバナーを、もう一つ足せばよいのです。

 しかし、それも、HTML編集を試みましたが、無理でした。

 以前に書き足していたHTMLが、ひとまとめになって変化しているのです。サーバーが、途中から、そういう読み込み方に変えるのかもしれません。

 一個だけ横に足す、ということが、どうしても出来ませんでした。

 また、折を見て、HTMLをデフォルトして、再度リンクボタンを作りたいと思います。


nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お互いに、声をかけない、という形。 [ラフに語る、つれづれ記]

 今日、税務署で、知り合いと同じ時間に、同じ申告の部屋に居たんだけれど、

こっちからも声をかけないし、相手からも声がかかりませんでした。

 こういうとき。

「自分は、気づいたけど、相手は、多分、私のことに気づいてないだろうな」

 と、しかも、

「相手には、気づいてなかったことにしよう」「もし、相手から声をかけられたら、そのときに気づいたことにしよう」とも思うのです。

 プライドの心理ですね。

 昨日のスーパーでも同じパターンが。(まったく同じパターンでした)

 気づいてなかった、というのも、嘘として隠せる場合と、そうでない場合があるのですよ。

 こちらは、高身長、183センチ。

 しかも、横にも広い、体重105キロ。

 尚かつ、ビビッドブルーのウインドブレーカーを着ていた。

 これで、気づかないわけはないでしょう。(笑)

 そういうときの、「気づいてなかったことにしよう」という動機での、相手の目線の運動は、笑えます。(お互いに、という意味ですが)

 自分が目立つ服装をしていればいるほど、気づいていないふりをしている相手のことを、内心で笑えます。

 人間の心理の、面白いところですね。

 【補足】税務署では、お互いに自分の申告に忙しく、相手も申告に忙しいだろうな、という気遣いも、もちろんあったのです。それも、お互いに声をかけなかった理由の一つです。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

確定申告、行ってきた。 [近況…]

 今年も、納税なし。

「ご主人、こんなんやったら、申告要らんね」

 と、税務署職員に、収益の数字を見ながら鼻で笑われた。

「他に収入は?」

 と、違う職員にも数度訊かれた。

「障害年金もらってます」

 と言うと、それは収入には当たらないとのこと。

「株でもやっとってんでしょ」

 とも言われた。

 はい、この話は、ここまで。(色々書いてると、どうせ、突っ込まれる)

 今日は、精神科の通院日。

 医者となにを話したのか、も、割愛。

 薬局は、結局男性薬剤師に応対を受ける。変わっても意味なし。

 Bさんじゃないけど、「オモロナイのーー」の世界。

 カードローンの金利が、年利、たしか12パーセントほど。

 アバウトに考えていたが、それが許されるのは、借りてる額が小さいときだったことに今ごろ気づく。

 限度枠100万に近い額を借りていると、月に、1パーセントだとしても、金利だけで1万円近く要ってしまう。

 しかも、ひと枠ではないのだ。

 毎月2万ずつ、捨てているようなものだ。

 阿呆(自分のことです)は、あとになって、そういうことに気づく。

 なんとかします。他人のことは、放っておいてください。

「雇われ仕事が出来なくて、今の事業の売上も上げられないなら、死んだらどうですか。スパッと」(相棒X)

 まったく、君の言うとおりだよ。トホホ……。

 首吊りが、一番楽らしい。

「もしかして、死に方を探すために、あの本を?」(相棒X)

 そうですよ。必要ないなら、あんな内容の本は読まないよ。

 まあ、あの症状でもなんとか勤まりそうな、鉄工所の工員か、警備員か、郵便配達の仕事でも探すよ。

「♪早くしないと~」(相棒X)(引用歌詞 甲斐バンド 『タッチ』)

 急かすな。

「働きたくない、という理由もあるのでは?」(相棒X)

 それはある。誰でも、こなし仕事をするのは嫌だろう。しかも、道路上で、小学生が帰宅している最中に、テレパシーが出ながら交通誘導。生き地獄やん。

「♪行き交う人に、笑われながら~」(相棒X)(引用歌詞 甲斐バンド 『メモリーグラス』)

 根本的に、「働きたくない」という人間の心理に関しては、町田康の小説に、色々と書いてある。

 町田康は、面白い。

 布袋さんと喧嘩して、傷害罪で布袋さんを訴える、という、なんとも格好悪いことをやったが、作品は面白い。

 布袋さんは、僕より背が高いらしい。喧嘩も強いのだろう。ギターメチャ上手いし。

「話題が、だんだん自分の話題から遠ざかる。山雨さんは、そういうところが上手い」(相棒X)

 褒めてないな。(笑)

 人間、逃げ道も必要だからね。

 究極の逃げ道が、自殺だからね。

「♪もーうお仕舞いさ~ すべては、手遅れ~」(相棒X)

 それは、甲斐バンド『シネマ・クラブ』。

 甲斐バンドしかないのか?(笑)

 ヒューマニストぶって、「神から(仏から)いただいた命なのだから、自分で絶ってはいけない」というのは、逃げ道が自殺しかなくなった人に対して、可愛そうだよ。

 今日は、以上。

 書評、遅れます。

 断線。

【匿名で、「勝手に死ね」というコメントがはいることが、あらかじめ予見できるので、コメントは受け付けない設定とする】


nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感