So-net無料ブログ作成
検索選択

苫米地教授の発言が気になる。 [ラフに語る、つれづれ記]

 最近、YouTubeで動画をよく観るようになった。

 面白い(内容のある)人のトークはないか、と思って観ていると、

勝間女史やひろゆきさんや宮崎哲弥さんとよく一緒に出ている、苫米地(とまべち)教授に行きあたった。

 プロフィール詳細の紹介はしないので、検索してみてください。

 エレキギターも弾く。しかも、かなり上手い、という側面もある。

 ともかく、彼の言うことが、既知の考え方とは違っているので教えられる。

 だが、完全に彼の考え方を受け入れるには抵抗があるが。

 たとえば、

「神というものは存在するけれど、唯一無二の全能の絶対神というのは居ない」

 という考え方。

 人間を超えたところに、たとえば、スーパーサイア人が居たとして、スーパーサイア人よりを超越した存在もある、という考え方。

 『不思議なキリスト教』で読んだが、「神は宇宙の外側に居る」。

 天地創造の神なのだから、この考えには首肯するが、そうすると、その「神」が居るレベルに、神と同等か、神を超える存在が居ないだろうか、という疑問も出てくる。

 あるいは、神の居る世界の、さらに外側に、神を超えた神が居る、という考えも成り立つ。

 ともかく、宇宙の果てはないし、あったとしても、宇宙の外側の終わりはない。電車で言う、終点の神は定義できない、という考え方だ。

 しかし、この考えを受け容れてしまうと、一神教の信仰の根幹が揺らいでしまう。

 だから、僕の場合は、いまだに全知全能の唯一神が居る、という考えにとどまっている。

 しかし、苫米地氏が、そう言いたいことの根幹には、ある神を全能の唯一神として信仰しだすと、その神が間違っていても、もはや、それを指摘するだけの醒めた目を失う、ということに繋がるからだろう。

 しかし、そこをさきに吟味してから信仰するのでは、実は、信仰にならない。

 苫米地教授が発信する、もう一つの話題。

「コンフォートゾーンを、極端に上げよう。そうすることによって、成りたい自分になるためのもの凄い努力が出来る。たとえ、挫折しても、輪ゴムで、長く引き延ばしていたのと同じで、引っ張る力がつよいから、今よりは、かなり上の地点に着地する」

 ということで、さらに、それを突き詰め、

「初めから、偉い人になっている、と、自分の内心では自分に言い聞かせよう」

 ということ。

 ただのフリーターのような現状で、「実は、おれは総理大臣なのだ」と思い込もう、ということだ。

 これは、心理的抑制をはずそう、ということだろう。

「おれなんかが、総理大臣になれるわけがない」

 と思ってしまったら、努力するモチベーションさえなくなる。

 それと、常に優越感を持っておくことが大事だろう。

 客観的に自分を正確にみて、対外的には謙虚になることは大事だが、内心では優越感を持っておくほうが、のびのびと活動できる。結果、よい結果をもたらす。

 ともかく、苫米地発言は、既存の考え方を突き崩す。

 彼の挙動から、目が離せない。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

細木さんの占い、よく当たる。 [ラフに語る、つれづれ記]

 同タイトルで、以前に下書きに書いていたので、まず、それを。


 

 細木数子さんの占いによると、僕は、今、2月、乱気にはいっているので、「何もかも上手くいかず、生活が乱れる」とある。

 まったく、その通りの状態になっている。

「お酒や煙草を控えて、規則的な生活を心がけましょう」

 と書いてあったが、裏を返せば、お酒や煙草が増えて、不規則な生活になりがちである、と言っているのである。

 まったく当たっている。

 何をやっても、上手くいかない。

 来月からは、持ち直すらしいが、

ただ、この細木さんの占いで書いてないことは、病気で働けない、という人には、いいときにも希望がない、ということだ。

 何の仕事にしろ、すいすい働けていることが前提で、金運や恋愛運が語られている。

 細木さんご本人も、「健康が大前提なので、そのことは、占いよりもさきに注意しておいてください」と著書に書いている。


 いやー、細木氏が墓石業者と組んで儲けていた、とか、そういう悪評もあるが、占いは当たる。

 普段、よく会うFくんが、六星占術には詳しい。

 そのFくんが言っていたけど、

「万人に当たるわけではないからな。統計学やからな」

 と。

 Web上から、有料でみてもらう占いは、必ず、いいことが書いてある。

 近々、貴方の身に、よい意味の転機が訪れる、などと。

 有料でみてもらうのに、「このさき、悪いことが待ち受けています」だったら、リピーターはつかないだろう。

 今月は、ホント、駄目だわ。

 大腸カメラのことで、気が重いし……。

 原稿書きは、止まってしまってるし。

 面白い記事は、また今度ね。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『溶けていく暴力団』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 溝口敦(みぞぐち・あつし)さんの、『溶けていく暴力団』を読みました。

溶けていく暴力団 (講談社プラスアルファ新書)

溶けていく暴力団 (講談社プラスアルファ新書)

  • 作者: 溝口 敦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/10/22
  • メディア: 新書

 例によって、感想は、追記をお待ちください。

   追記・感想

 暴力団と警察が、完全な敵対関係になって、警察は威信をかけて暴力団を排除しようと

した。その動きが徹底していたので、今は暴力団は、その存続自体が風前の灯火になって

いる。

 一方で、「半グレ」と呼ばれる玄人ではないが悪事をはたらく組織が台頭してきている。

 暴力団は、ヤクザであることを公に誇張して見せることによって、その存在と力を行使

できたのだが、半グレは、普通の一般人に溶け込む。服装も、一般人と変わらない。そし

て今や、暴力団構成員でも、なるべくヤクザと思われない服装を心がけるように変わって

きた。

 暴力団排除条例というのも、暴力団側から警察への挑発が何度かあり、警察も後へ引け

なくなった。その結果、徹底した条例の行使になり、暴力団は活動しにくくなった。

 しかし、これは、警察の捜査四課にとって、面白くない事態を起こしている。捜査四課

にしてみれば、抗争があるたびに構成員を検挙していたから成績を評価されていたのだが、

その抗争も今や激減している。警察のなかで、捜査四課の威信が減ってきている。

 暴力団は、数が多いことで、周囲に威圧をかけ、それがシノギにも繋がっていたのだが、

今や数が多いことは、構成員が不始末を犯したときにトップが責任をとらなくてはならな

いという面から考えると、あまり多すぎるのはよくない。

 本編では、九州の工藤會が例に取り上げられ、丁度よい数だとされていた。

 また、月に一度の組長を集めた会議でも、十分な内容が話し合われている。山口組の場

合、トップ・トゥ・ダウンのみで、いいアイデアがあっても本部に具申するというシステ

ムがない。

 工藤会は、警察の行き過ぎた圧力に対しては、訴訟をすると言ったり、YouTubeに動画

を投稿して民意を問う、などの動きをする。海外のメディアに取材された工藤会の実態も、

その動画を日本語に訳してふたたびYouTubeにアップロードするなどして民意に訴えか

けている。

 工藤会構成員は、血気盛んで、一般人に対しても暴力があるのかもしれないと思えるの

だが、トップは、末端の構成員に対して監視・教導を徹底はしない。警察に対しては、挑

発的である。工藤会の仕業かもしれないという事件が起こっても、証拠がない限り、反発

して警察を批判する。

 テキ屋などの営業まで、警察は、暴力団のシノギだとして排除する動きになってきてい

る。テキ屋は、暴力団とは、直接は結びついてはいないのに、一斉に取り締まり、祭りな

どからも排除する。その結果、祭りが面白くないものに変わってきている。

 暴力団対策法によって、暴力団は、儲からない仕事になっている。

 今や、残っているシノギのセクションは、麻薬密輸やアダルトサイト運営ぐらいだろう。

 「半グレ集団」は元気である。

 振り込め詐欺をやっているのも、半グレ集団で、世間と溶け込むことによって、悪事を

していることを隠して上手くやっている。

 中卒や高校中退でぐれた者たちが、暴力団にはいるという図式があるが、半グレにはい

るのは、大卒で、就職してから挫折したような人も含まれていて、以前には、暴走族から

暴力団へ、という図式があったが、半グレ集団にはいるのは、一般の人のようである。

 一般の人で、倫理観が下がってきている人が半グレにはいる。

 格差社会が顕著になってきたのだから、金持ちの老人から金を奪っても、騙されるほう

が悪いのだ、という理屈をつけて、自身で納得して悪事をはたらいている。

 暴力団と警察の対立が激化したので、結局、暴力団対策法の行使が行き過ぎた形になっ

てきた。もう、この傾向は後戻りできない。

 暴力団は弱体化し、溶けていく。

 今後は、警察も、半グレ集団を敵としていくだろう。

 感想。

 アメリカでも、半グレの犯罪や、一般人の犯罪が主流になってきている。

 アウトローな生き方として、映画の題材にもなって一般人に夢を与えた暴力団だが、そ

ういう形は、今後なくなっていく。著者も語られていたが、それは寂しい。

 今後は、見えない犯罪者が増えていくのだろう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

人と喋ってないと不安、という心理がわからない。 [真夜中のつれづれ記…]

 今日は、何も有意義なことをしてないのに、徹夜してしまった。

 十年も、毎日まいにち原稿を書いて、ある程度規則正しく寝る、という生活を送っていたのだから、結果が出なくて、半ヤケになるのは無理もない。

 投稿も3カ所してるし、その他にも手は打っているのだから、ぼーっとしていてもいいのかもしれない。

 さて、タイトルの話題だが、

携帯を持つようになってから、やたらBさんやFくんからの電話が多い。

 思うのだが、友達など、一人も居なくてもいいではないか、と。

 もし、仮に、一人暮らしだったとしても、それでも、友達は、一人も要らない。

 会って気分がよくなる、とか、いい余韻が残る友達ならいいが、しんどくなる、いやな気分になる友達は要らない。

 だいたい、創作をする心の動きで、同時に友達とわいわいとはやれない。

 喋る相手が一人も居なくても、今や、ネット環境がある。それも、自分の発信だけしていればいいのである。誰かと繋がる必要もない。

 それか、他人のブログを読んでいればいい。

 それか、原稿を書くか、愚痴をそのままノートに書くか。

 それでも暇をもてあますなら、読書だ。

 友達などというものを真剣に求めるのは、中学生の時期ぐらいだろう。

 独りでいて、一向に飽きない。

 愉しみは、買い物か、自室での楽器演奏か、音楽鑑賞か、飲酒か、ライブチャットをみるか、読書だ。

 買い物では、たまに店員と短い雑談をすることもあるが、それさえ無くてもかまわない。

 独りでできることは、いくらでもあるだろう。

 仕事は、お客さん相手だが、その仕事も執筆だけになっても、何も困らない。

 一日に6回も電話してきたり、断ってるのに、何度も飲みに誘ったり、自分の都合でこちらを連れまわしたりする友達、は友達ではない。

 霊的にレベルの低い人と会うと嫌な思いをする。

 なぜ、霊的レベルが低いかというと、自己研鑽すら怠っていて、棚ぼたばかり期待しているような人だからだ。

 だから、そんな人しか周りに居ないのなら、誰ともつき合わないほうが益しだ。

 ひきこもることではない。必要があれば、どこへでも出掛けていく。

 ただ、たとえ孤独になっても、それが辛いとは、まったく思わない。

 たとえば、テレビに出演している人が、いちいち視聴者の言葉に受け答えするだろうか。そんなことをしていたら、番組は進行できない。

 創作をして、充分なコンテンツを配信する。

 感想は、別の機会にもらう。

 嫁も、そら居たほうがいいが、絶対に嫁を獲得したいとは思わない。すでに、一度結婚はした。

 料理も、ある程度のレパートリーは作れる。

 何も不自由はない。

 性欲は、ライブチャットで済ませる。

 だって、努力しているのに報われない投稿生活の、その時期に言い寄ってくるなら本物だが、売れてきてから言い寄ってくるのは、たぶん「金とステータス」目当てだろう。

 結婚は、自由を束縛される。

「金とステータス目当て」の相手は、こちらが落ち目になると、すぐに離婚を切り出す。

 結婚式の誓いの言葉。

「富めるときも貧しきときも~ 健やかなるときも病めるときも~」

 いっさい誓ってはならない、とキリストは言った。

 護れない誓いなら、最初からするな。

 ともかく、独りで居て、何も困らない。

 ただ、これは男性の場合。

 女性の独りは、淋しいよ。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ついに観念した。パソコンを買った。 [ラフに語る、つれづれ記]

 4月から、XPのサポートが終了する、ということで、

予算の捻出の問題もあったけど、ついに観念してパソコンを買った。

 lenovoのノート型。

 CPUがCORE i3の2.50Ghz メモリー4GB ハードディスク容量500ギガ

 速い!

 ブログ閲覧もスイスイ行きます。

 ただ、

 非常に、打ちづらい。

 そこで、USBで接続するキーボードを買ってきました。

 何なんでしょうね。

 ノート型の意味なし!

 マウスも接続して、音声はステレオに繋いでいます。

 デスクトップを使ってるのとまったく一緒。

 今回も、レットノートを買うのは見送り。

「だって、高いもん」

 ローンを組んでも、月々の払いが大きい。

 持ち運び用のソフトケースも、ポイントで買ってきた。

 windows7搭載。

 皆さんも、「7」にしておいたほうがいいよ。

 「8」もいいのはいいのだけれど、「7」のほうが、搭載できるアプリケーションを選ばないという特性があるんだって。

 今回からワイド画面になったけど、そうすると、僕のブログが横に短くてしょぼいなァ。

 まあ、記事ごとの表記は、テキストがリキッドなので、横に伸びているのでよかった。

 最後に困った問題。

 データを全部、自分で載せ替えたのだけれど、メールのデータだけインポートできない。

 outlook expressからoutlookになったので、そのままインポートできない。

 windows live mailに一旦うつせばよい、と検索で知恵を得たが、それでも上手くいかない。

 皆さん、一度、メールを送ってきてね。再登録します。

 えーーー?

 パソコンの画面のうえに、まるいものが。

 ウェブカメラがついてる。

 もう、スカイプするのが当たり前か。

 自撮りはできるけど、ニコ生は無理よ。(笑)


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誤算(お金のやりくり) [近況…]

 カードローンの限度枠内での借り入れが大きくなってきているので、やりくりが出来るだろうか、と考え、月々赤字だと悩んでいたのだが、

誤算だった。

 いい意味の。

 借り入れた金は、自営の仕事の宣伝、クロスレコメンドの登録などに有意義に使ったのだが、それ以外にも大分浪費した。

 後から思いおこしてみるに、Bさんとのつき合いで要った、飲み代、旅行代が高くついたのである。

 20~30万は、それに使っただろう。

 そこで、今は、Bさんとも疎遠にしているし、誘惑を避け、余分な遊興をしない、という前提で考えると、月々、トントンで行けることが分かった。

 大ざっぱに、小遣いの収支を計算していたのだが、ローンは支払いしか計算に入れてなかった。

 同額程度の借り入れを月々行うと、必要な額は捻出できる、ということに気づいた。すでに、同額返済、同額借り入れはやっていたのに、その分を計算に入れてなかった。

 あとは、スナック菓子を多く買わないこと。

 やあ、Bさんには、何度もスナックに誘われ、割り勘にしたり自腹を切ったこともあったし、このあいだの旅行では、喧嘩して、結局要った費用全額出したし。(最初は、Bさん、旅行費全額出してくれると言っていたのに……)

 それで、限度枠の目減りが激しかったのだ。

 飲みに行くのは、多くても三ヶ月に一度にしよう。初めからBさんにはそう言っているのに、何度も誘惑に負けた。

 これで解決した。

 原稿書きと、稲見商会の仕事だけに専念できる。

 悩んだ甲斐はあった。


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の世の中の傾向。 [真夜中のつれづれ記…]

 最近、やたら、カードローンの宣伝が多い。

 銀行系カードローンやサラ金の融資、クレジットカードへの勧誘など。

 プロダクトプレイスメントの手法を使った、ユーザーの好みに合わせた広告もあるが、その次に多いのが、「お金貸しますよ」という広告だ。

 

 それから、「本を出しませんか」という広告も多い。

 以前からある自費出版とは違って、廉価で出版できるサービスが増えてきた。

 アマゾンでは、「本造」というサービスで、ペーパーバックの本を、注文があった分だけ印刷・製本して売るという方法で、著者負担を減らしている。

 レベルの高い作品は、著者負担なしで出版できる、「優待出版」というのもやっている。

 また、どこの主催かはよく知らないのだが、「クランチマガジン」というページでは、ウェブ上で作品を競わせ、最優秀作を出版させるという試みも始まった。

 こちらは、すでにウェブ上で作品を発表していても、その作品を応募してもよい。

 また、選考の途中では、フォロワーが多いかどうかなどの人気枠だけではなく、出版社が選んだ質の高い作品を書く書き手もノミネートされる。

 なかなか大手の賞には受からないが、充分な筆力のある書き手も居る。

 本を出したい書き手が居て、出版の仕組みを変えて営利事業を展開したい会社がある。

 

 前半の内容は、アベノミクスが作用しているのだろう。

 後半の内容は、ソーシャルメディアを使って、エモーションを起こせないだろうか、という動機からの動きである。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2月14日(金曜日)、つれづれ。 [近況…]

 通院日でした。

 すごい雪でしたね。

 道路には、積雪は多くなかったので、なんとか加西病院まで行ってきました。

 僕の主治医が、辞められることに。

「実家の仕事を手伝わなくてはならなくなりました」

 と、先生は仰有っていましたが、

嘘ですよね。

 自営業の会社で、専務で迎えられたとしても、医師のほうが収入は上です。

 病院の内部事情とか、なにかあったんでしょうね。

 半沢直樹に似ている主治医です。

「西脇病院に、戻りますか」

 と訊かれましたが、

西脇病院の精神科医さんは、今のところ、「お酒を止めなさい」とか「無理してでも仕事に就きなさい」とか言う医師らしいので、そのまま加西病院で診察を受けることにしました。

 あんまり、教導的に、いろいろ言われるのは、却ってストレスが溜まります。

 薬局に寄って、あと、散髪屋の友人のところに寄りました。

「夜中のコンビニの仕事に行ってはどうか」

 と、友人は助言してくれましたね。

 今日も、相互リンクを二件、打診してきました。

 バレンタイン、成果ゼロです。

 病院の総合受付の女子は、今日もマスクをしていました。顔が全部隠れるくらいのマスクよ。

 お辞儀してくれましたが、個人的な意味はないのかな。

 では、また。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感