So-net無料ブログ作成
検索選択

『続く会社、続かない会社はNo.2で決まる』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 大塚英樹さんの、『続く会社、続かない会社はNo.2で決まる』を読みました。

続く会社、続かない会社はNo.2で決まる (講談社プラスアルファ新書)

続く会社、続かない会社はNo.2で決まる (講談社プラスアルファ新書)

  • 作者: 大塚 英樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: 新書

 例によって、感想は、追記をお待ちください。

 

 

   追記・感想

 

 長いスパンのなかでは、企業は倒産したりしている。

 経営不振に陥っている企業は、ナンバー2を置いていなかった企業だ、と仰有る。

 

 ナンバー2とは、階層(ヒエラルキー)のなかでの社長の次のポストという意味ではな

い。

 社長の片腕として、会社内部の仕事のほとんどをこなす。ときには、社長に諫言を呈す

る。そして、社内の不具合を察知し、社員や部課長とのパイプ役もこなす。

 これが、ナンバー2なのだ。

 

 社長がたとえカリスマ経営者だったとしても、長い就任期間の間には、彼も変化してい

くのである。自社の本業とは関係ない株を大量に買って資本金を食いつぶしたりすること

もある。自社の強みの部分の事業を、コスト削減が目的で削減してしまったりする。こう

いう動きになっているときに、社長を諫めることが出来る人物。これがナンバー2である。

 ナンバー2の居ない企業は、長いスパンで見たときに、経営不振に陥っている。

 例外は、社長自身のなかに、ナンバー2が居る場合だ。自身の心の声として、自身を客

観視したナンバー2の諫言が常に聞こえている。(ユニクロの社長など)

 強力な指導者が事業を成功させ、企業を持続的成長へ導いて一世を風靡したのは197

0~1980年代のこと。【本文引用】

 いまの企業には、社員の背中を押す人が、きわめて少ない。まして、働く人たち一人ひ

とりの「人間作り」に荷担していくような面倒くさい仕事を、進んでやる人がいなくなっ

てしまった。いつのころからか、人を育て、人を鍛え、人を励ますことに無頓着になって

しまったところに、いまの日本企業の衰退の真因があるような気がしてならない。【本文

引用】

 社員が、皆、評論家になってしまった。トップからヒラ社員まで、「自分が率先して、

新しい仕事や困難な課題にチャレンジし、企業価値を上げるために貢献したい」と考える

のではなく、「いかにして自分が責任を取らされないような選択をすべきか」ということ

ばかり考えている。(中略)背景には、子供時代からの「ことなかれ主義」がある。(中

略)どんな勉強がしたいかではなく、どの科目なら試験で合格点が取れるか。(中略)つ

まり、子供時代から「ことなかれ主義」による消去法で安全パイばかり選択しているので

ある。【本文引用】

「どんな部にしたい、どんな会社にしたい、自分は何がしたい」という「What(目的)

がまるでなくて、「どのようにすれば」という「How to(方法)」ばかりなのである。【本

文引用】

 どうすれば、売れる商品を開発できるか。どうすれば、社員が活き活きとやる気を持っ

て仕事に取り組むようになるか。こういう問題のほうが、長い期間を見据えたとき、大事

な問題であるのに、工場の過剰設備削減や人員削減ばかりをやっているし、また、リスト

ラを断行する社長のほうが世間から尊敬されるような風潮が出来てしまった。

 自転車操業のところに、節約だけをしても、いずれは敗退するのである。個人で言えば、

小遣いを切り詰めることばかりしていても、収入を増やすということをしないと、結局は

閉塞してしまう。

 会社の業績が悪化しているときも、ナンバー2がいない会社では、本業と関連のない新

技術・新市場・新規事業での飛躍など、成功するかどうか検証されていない戦略に望みを

かけてしまうことが多い。一方、ナンバー2が存在する会社では、徹底した戦略分析と定

量分析に基づいて戦略を変更することになる。【一部本文引用】

 つまり、一か八かの賭けで、業績不振を乗り切ろうとする。少なくとも、賭けの部分は、

失敗しても経営に影響しない範囲に抑えておくべきなのだ。

 ホンダが、技術研究所の出身者が、経営陣に多くなりすぎたので、当時のナンバー2で

あった雨宮さんが、次期社長の吉野さんに、研究所の人間をしばらくの間、役員につかせ

ないよう進言した。というような策がある。研究所出身の者と営業畑出身の者との緊張関

係が、トップの経営チームには必要、と判断したからである。

 日産を再生させたカルロス・ゴーン氏の経営基本軸は、「収益性」と「モチベーション」

である。CFT(クロス・ファンクショナル・チーム)を作らせた。経営不振、売上が伸び

ない、などの原因はどこにあるのか、どう改善していけばよいのかを考え、実行指示を出

すグループのことである。チームは若手を登用したが、いざ改善案の実行のときには、そ

れぞれのプロジェクトの長は、ベテランに任せた。ゴーン氏は、あれをせよ、これをせよ、

という直接の指示は出さないで、日産の社員自身(内部)から問題意識を挙げさせ、それ

に取り組むモチベーションを引き出したに過ぎない。複数つくったCFTの長が、ゴーン

氏に次ぐナンバー2だった(または、そうさせた)のである。いや、主役はCFTまたは

社員全員ということで、ナンバー2は、ゴーン氏自身だったのかも知れない。

 本文にも何度も書かれているが、改善は、トップにやらされている感を持って、さあ行

動しよう、と焚きつけても上手くいかない。ヒラの社員に至るまで、自分の会社なのだか

ら、世の中に誇れる会社にしよう、という自発的なやる気を持って、案を出し行動するか

ら企業は変わっていくのである。そして、そのためには、社員の心のケアも実行するトッ

プとのパイプ役、ナンバー2が不可欠なのだ、と。

 ゴーン氏のコンセプト。「顧客の要求はクロス・ファンクショナルなものである。コス

トにせよ、品質にせよ、納期にせよ、ひとつの機能やひとつの部門だけで応えられるもの

ではない。どんな会社でも、最大の能力は部門と部門の相互作用のなかに秘められている」

【本文引用】

 ゴーン氏が日産本社にやってきたときに最も驚いたのは、徹底した経費削減のために、

暗い照明、夏場なのにクーラーはあまり効かず、社員はチビた鉛筆をつかっていた。コピ

ー用紙は裏表使い切る。コピーの文字は判読できないほど小さかった。という現状だった。

 光熱費や事務費を節約したところで、何の効果もない。むしろ、やることなすこと社員

の気持ちを委縮させるだけである。もっと根本的なことを改めなくてはいけないと、CFT

のメンバーを集め始めたのである。【本文引用】

 ゴーン流のCFTのように「みんなでいっしょに何かをやること」は、もともと日本人

が得意だった。日本の農村には、地域の人たちが田植えをいっしょにするという文化があ

った。みんなで強力し合い、仲間同士が融合して気持ちよくひとつの仕事を成し遂げるよ

き習慣がかつての日本には根付いていた。高度経済成長時代に、こうした日本人の特性が

なくなってしまった。「みんなでいっしょに仕事をしよう、いっしょに問題に向き合おう」

という気持ちがなくなり、「みんなでいっしょに怠けましょう」というような状況に、い

つのまにかなってしまったのである。二度とそんなことにならないようにするためにもナ

ンバー2を育てなければいけない。【本文引用】

 あとは、ワコールが有名企業になった経緯なども書かれている。

 ナンバー2を育む条件、についても書かれている。

 たとえ現在ヒラ社員の身だったとしても、誰もが自社のナンバー2であるという意識を

持つべき、と書かれていた。問題意識をもって自社を改善しよう、業績を伸ばそう、とい

う意識である。

 トップも中間管理職も、平社員も、すべてが幸福であるべき。

 コンビニのファミリーマートは、業績改善のために、末端の店舗の店員からも随時、ア

イデアを募集していて、善いことと思ったことは個人の単位でも自発的にやってもらうよ

うにしているそうです。

 何が幸福かと言えば、全員がやる気に目を輝かせている状況。やらされているのではな

く、自発的にアイデアを出す。

 社長の首をすげかえただけでは、その企業の業績不振は改善しない。ナンバー2が出て

きただけでも無理。

 結局、ナンバー2が活躍することによって、企業の風土全体が改善されてくることが大

事なんだと思いました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

『てん子ちゃんのSOHO日記』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 細川貂々(ほそかわ・てんてん)さん・画、株式会社ウイル・文、の、『てん子ちゃんのSOHO日記』を読みました。

 非売品なのか、雑誌の付録なのか、Amazonでの紹介写真がありません。

 事業委託:厚生労働省

 編集・発行:公益財団法人日本生産性本部

 

 例によって、感想は、追記をお待ちください。

 

   追記・感想

 

 在宅ワークで多いパターンは、会社勤めをしていて、そこを辞めてからもその会社の事

務業務を委託で引き受けているというパターンだと思う。

 そのパターン以外だと、なかなかとっかかりを得ることが難しい。

 この本のなかで採り上げられているのは、デザイナーの仕事。

 コンペがあって、そこに参戦して仕事をゲットする方法が、一つの方法で、コンペだと

断然単価もよくて生計を立てるほどの収入になるのは、ロゴデザイン作成などの仕事だか

らだ。

 どう、売り込みの電話をすればよいのか。仕事にとりかかるとき、相手との交渉ではっ

きりさせておかなければならないことは。健康の管理。仕事量の調節。などなど、在宅ワ

ークで必要になる事柄が、貂々さんの漫画と一緒に紹介されていた。

 厚生労働省委託事業で、このような冊子が出ているのだから、子育てで仕事先を辞めた

人や専業主婦や、リストラに遭ってから再就職先が決まらない男性にも、在宅ワークをし

てほしいという国の方針だろう。

 感想としては、やはり、仕事をとってくるまでが難しいな、と思った。コンペに参加し

て採用されてキャリアをつけるというのが、一般的な仕事のとってきかたなのだろうか、

と。

 営業活動で、SOHOの仕事を募集している会社のホームページからメールを送って、返

事が来たら電話する。その先へ話が進めば、会社へ出向く。名刺や職務経歴書や今までや

った仕事のファイルや企画書などを携帯するとよい。

 だが、やはり、在宅ワーカーを舐めている変な会社も多いので、報酬面とか仕事の進捗

状況のやりとりとかを随時確認して、優良企業を選ぶように心がけたいと思う。

 出来そうで出来ないのが、在宅ワーク。

 生業として成立させられるかは、それぞれの頑張りにかかっている。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最近の動き [近況…]

 日曜日に、或る友人と会い、四時頃から一緒に飲酒。その後、ご飯を食べてから、スナックに行く。

 もう、久しぶりにテンション上がってたから、スナックで締めるしかなかったのです。

 タクシーの運転手に訊くと、日曜日はスナックの半分の店が休業だとか。

 

 それでも、何とか、開いてる店を探して行ってきました。

 ママさんが老けていた。当たり前か。何しろ、その店には14年ぶりに行ったわけだから。

 大いに、飲んで歌ってきました。

 友人は、僕の家で発泡酒500ミリを飲んだだけ。店ではウーロン茶を飲んでました。

 下戸なんですよね。発泡酒一缶で、顔真っ赤っか。

 最終まで居て、高くついてしまいました。友人に借りたので、後で返さねばなりません。

 友人は、川上弘美の小説『センセイの鞄』で先生が所持していたタイプと同じタイプの鞄を持って動いています。僕は、縦型の鞄ですが。

 しかし、僕は手ぶらで行っていた。せめて名刺を持っていって営業活動をすべきだったですね。

 飲んでいると、友人が僕の顔を見ながら言うのですよ。

「森三中の**な子に、似とるな」

 と。

 形容詞の部分を聞き返すのを忘れていたので、森三中のメンバーのうちの誰のことかわかりません。

 これは、褒められているのかどうか分かりません。(苦笑)

 翌日、その友人から電話がかかってきて、

「山雨、あの店、今日も行かへんか」

 と。

 それは無理。こちらのお金がつづかないよ。

 友人は、店の子に惚れたらしいのですが、メアド訊いてくるのも一種の愛想でしょう。本気にしてはいけません。

 僕のほうにも、**ちゃんからメールは来ないもん。そんなもんです。相手は、商売ですからね。

 竹刈り、書評書き、を後まわしにして、今日の分の原稿だけは書きました。

 では、また。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オークション、助かっている。 [ラフに語る、つれづれ記]

 副業には、オークション出品をしましょう。

 アフィリエイトで、年間一億を稼いでいる、なんて言ってるのは、全部見せかけの嘘ですよ。

 僕のブログで、一日、ユニーク数200前後、PV600前後ですが、アフィリエイトでは、半年に千円程度しか儲からない。

 だいたい、儲けていると言う人は、その運営しているサイトを公開しないでしょう。

 公開したとしても、「こんなんで、ホントに儲かっているのか」と思うような味けのないサイトでしょ。

 一日に、五万PVを弾き出している勝間和代さんでも、アフィリエイトはやってない。

 アフィリエイトは、購入してもらった商品の1パーセントが利益だから、一万円のものを買ってもらっても百円にしかならない。

 そんな事をするより、せどり、か、オークション出品をしましょう。

 確実に儲かります。

 何か固定収入があって、その上で、もうちょっと収入を増やしたいときに、オークションは最適です。

 売り買いの規模が大きくなってきたら、ストア化しましょう。

 Yahoo!が相談に乗ってくれます。

 取引の履歴にあたる書類を、警察に持っていって、古物商の認可を得ればいいのです。

 梱包や郵送の業務が忙しくなってきたら、誰かとタッグを組みましょう。利益の取り分の配分も話し合って決めればいいのです。

 仕入元というのは、誰も教えてくれないですよね。

 でもね、自分の交流のある人に、「私は、オークション出品をしています」と宣言していたら、長い年月の間には、ポロンポロンと、知人が何か呉れたりはしますよ。

 他人に、オークション出品をしていることを話したら、真似される、と誰でも思うでしょうが、そんな簡単にはオークション出品は出来ません。普通の人には、敷居が高すぎます。

 代行は、あまりしないほうがいいですね。

 利益の取り分で揉めるから。

 障害基礎年金で足りない分を、オークションの利益を足して、今月は凌ぎきったからね。

 まあ、これも、病気が慢性化するまでに、営業職とかを経験してるから、商品紹介文とかが書きやすいというのもあるし、元々コミュニケーション力があるから取引ナビでも相手に失礼にならないようにメールが出来るということがありますね。

 30や40までは、普通の仕事をして、コミュニケーション力をつけておくことが大事ですね。

 ホントに、オークションがあって助かっています。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

満月 [近況…]

 今日は、満月ですね。

 布団を干して、部屋のゴミを片づけて、オークションの発送をしました。

 エアコンの掃除もしました。

 『あまちゃん』観てます。

 種市くんは、やっぱり、あの子が好きだったのか。(納得”)

 脚本家、宮藤官九郎は、グループ魂の人だったのか。

 負けてられませんね。こっちも新人賞とらなきゃ。

 鈴木輝一郎さんが、小説講座をされているのですね。Youtubeで観ました。

 鈴木さんも仰有ってたけど、書き方を詳細に教えても仕方ないですよね。

 書き方は、人それぞれです。

 今日は、ある店のまえを車でとおったんですが、昔から居る女店員が老けたなぁ、と思いました。

 おそらく今でも独身なんでしょうが、「誰か、早く摘みとってやれよ」と思いましたね。僕なんかと違って、仕事もきちんと勤まっている頃合いの年代の男子もいるんですから、何を手をこまねいているんだ、と思いますね。

 それと、女性も30を過ぎたら積極的にならないとね。

 しかし、誰でもいい、というわけにはいかんのですよね。

「エエ人やな」と思ったら、病気で無職とかね。高給取りだけど、この人は、ちょっと、とかね。

 もう妥協しなさいよ。妥協できないと結婚なんて出来ないよ。

 男の一生独身は、何とかなるけど、女の一生独身は淋しいよ。

 それと、男でも女でも、大事な婚期を不倫に浸かって棒に振る人も多いのよね。

 とりあえず、相手が居ないよりは益し、と考えるのだろうけど、女性で20代後半から30代後半までを不倫で過ごしたら、もう、四十代。

 ある本に書かれてたけど、男性でも女性でも婚期は、20代、30代、40代に、それぞれ三回あって、50代のことは書かれてなかった。

 50も過ぎたら、もう、普通のタイプの結婚はないでしょ。

 再婚同士で、子供は望まない、というパターンしか。

 その大事な婚期を、不倫に浸かることによって、棒に振ってるわけよ。

 まあ、別れて一人になれば、新しい相手を見つける自信がないのよね。

 美人だな、と思う人ほど不倫に嵌ってますね。

 妻も子もいる男性が、口でどう言っても、アナタと結婚してくれることはないよ。

 その関係を切れば、いい人が出来るのにね。

 また、それが、強力な磁石みたいに離れられないのよね。結婚してる中年男性だと、或る程度は床上手なわけよ。

 将来、奥さんと別れて結婚してくれる、って言ってくれてるし、それが無理でも、女にしてみたら、もう今さえよければいいのよね。

 それで、悪くすると、清算できるのが四十代後半とかね。

 そうなると、もう人生終わりよ。

「ああ、この人とこの人は、不倫してるな」というのは、すぐに見抜けますね。

 山雨には、隠し事は無理。

 何だか話題が偏ったね。

 ひとまず筆を置きます。

 

 追記

 50代バツイチ男性で、人妻と不倫していることを自慢してくる人も居ましたよ。

 それは、自慢にはならないよね。

 男が人妻との不倫を経験するなら、40まで。

 そんな年がいってから、自分の女じゃない女をつかまえていても自慢にはならない。

 それと、30すぎてから、やたらスナック通いを自慢する人ね。

 スナックなんて、金をドブに放りにいくのと同じだからね。

 もう、ひと歳占めてきたら、ソープに切りかえるべき。

 それでね、何で、そんなにハマルのかを考えてみたんだけど、スナックに浸かる人は、普通のシチュエーションだと女に声をかけられないのよね。

 別に、店員にでも冗談のひとつでも言えばいいのだけれど、それが出来ない。

 スナックだと、女のほうから話しかけてくれるわけですよね。

 それが嬉しいわけね。

 そういう魂胆だから、スナックでは、もめ事がよく起こる。

 誰でも、自分がもてたいからね。

 だから、僕の場合は、女性目的にはスナックには行かない。妬かれて喧嘩売られるから。

 いい方法教えましょうか。

 ハードルを、最初は下げたらいい。

 たとえば、公園の掃除をしている老年の女の人あたりに、雑談で話しかければいい。

 とくに急ぐ仕事でもないので、大抵は話ぐらいはしてくれる。

 そこから、だんだんハードルを上げればいい。

 スーパーの店員やコンビニの店員には、ちょっとした冗談も言えるようになってくる。

 それか、妹か従妹を連れて、ドライブに行けばよい。

「ああ、この人、相手いるんだ」

 と世間は思ってくれる。

 見せかけにしてもアドバンテージがとれていると、いい話も来やすい。

 また、ひとまず筆を置きます。


 大きいサイズが探せる! サカゼン
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

つれづれ [近況…]

 一日に三つも、厭なことが重なると、もう駄目。

 数日、塞ぎ込んでいました。

 件のコンバーターが送られてきました。

 といっても、別ルートで頼んだ物です。

 が、よく発送元を調べてみると同じ会社でした。

 二重に注文したことになるが、まあ、いいか。

 さっそくリーガルの万年筆に、コンバーターを差しこんで、インクを瓶から吸い上げました。

 パイロットのインクにしたら、太く書けるようになり、滑りもいいです。

 今日の分の原稿を書きました。

 

 和式便器の上に置いて洋式にするプラスチックの便器を捨てに、市のゴミ処理場に行った。(亡き父が晩年、足が不自由だった頃につかっていたもの)

「ご主人、廃棄が済んだら、車を前へ移動してください」

 と、係の人に言われた。

『ご主人』か、年相応に見えているということか。(笑) 

 その後、図書館二軒、と、スーパーに行った。

 図書館の玄関先に、学生が地べたのコンクリートに足を伸ばす形で座り込んで喋っていた。

 よっぽど、「お前ら、見苦しいとは思わんのか」と注意したかったが、それをすると、「オッサン、何ヨンねん」と返されるのでやめた。

 もう一軒では、放出本を多数点もらってきた。

 

 もうすぐ、一番好きな季節、夏、になる。

 その前に、梅雨か。

 梅雨も好きだが。

 裏の竹を刈らないといけない。

 今日は、この辺で。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

友人と動く。 [近況…]

 友人と、喫茶店に行ってきました。

 僕は、レモンスカッシュを、友人は、ドライカレーとアイスコーヒーを註文しました。

 この、寄った喫茶店ですけど、よくなかったですね。

 カウンター席に座ったのだけれど、店員の微笑まったくなしでした。

 さらに、ガラスのコップを洗ったり配置したりするときに、もの凄く大きな音を出していました。

 【ガチャガチャ、ガチャガチャ、パキパキパキ】

 はっきり書いておきます。

 西脇市の喫茶店、麦藁帽子です。

 まったく駄目ですね。

 僕も、どうして、他のお客さんが、この店にはいるのかの理由が分からない。

 カウンター席に座ったのに、店員の愛想の言葉も、まったくない。

 あとは、神社に行ってきました。

DSC04134.JPG

 またね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一段落。。。 [近況…]

 今日、病院に行ってきたし、オークションの発送のための大きなほうの荷物の梱包はできたので、

ひとまず、一段落です。

 ライブチャットを見てましたが、素直な娘が減ったので、きりがないので、止めました。

 今は、二度のみをしています。

 ですが、酒も、だんだん急ピッチで大量には飲めなくなってきましたね。

 今日は、病院の警備の女の子と、少しだけ喋りました。

 相変わらず、待ち時間が長いですね。一時間十五分待ちました。

 西脇に帰ってきてからは、薬局に寄りました。

 誰でも、男も女も、或る程度歳がいってくると、初対面の相手にも気さくに話すようになりますね。

 若いウチは、とくに女子は、バリアーを張っています。

 まあ、薬局の店員(薬剤師)に限らず、一般的に言えることですね。

 それは、自分にも言えますね。

 若い頃は、美男であることを鼻に掛けていましたし、ストライクゾーンも狭かった。

 その後、友人のやっている散髪屋に寄る。

 他の友人たちの近況を聞きました。

 バンド活動してる同級生も居る、ということも小耳にはさみました。

 その後、西脇で一番大きいスーパーに、気まぐれで行ったのですが、

広すぎて、歩くのがしんどくなって、さらに、チーズがどこにあるか探し出せなかったので、

結局、いつものスーパーに行きました。

 

 さて、もやもやと、構想を練ろうと思います。

 二、三日まえに脱稿した原稿は、書きなおさなきゃならない。そのことを考えると頭が重いです。

 では、また。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感