So-net無料ブログ作成

時代は変わったものだ。 [ラフに語る、つれづれ記]

 思い出の記事です。

 思い出しながら書くので、正確ではなく、推測が交ざります。

 

 僕が、小学生(多分、三年生くらい)だったころ、

朝起きて、ランドセルの中身を確認して、ご飯を食べていたら、

突然、父が、

「今日は、お前ら、学校休め。エエとこ行こう」

 と言い出します。

「ええ? そんなん、先生に嘘つかなアカンやんか」

「ええがい。一日ぐらいよ」

 と父は言って、

母が、三兄弟のそれぞれの担任に、電話しました。

 末の弟は、まだ幼稚園でしたから、幼稚園へも電話。

「どうも、風邪をひいて、具合がわるいようなので、休ませます」

 と。

 親が、ずる休みを容認する家なんて、ウチぐらいでしょうね。(笑)

 

 簡単な荷物だけ持って、西脇駅まで、家族全員で走りました。

 加古川線終点の加古川について、今度は、姫路行きの山陽本線の快速に乗ったのでした。

 

 ところが、平日、しかも、出勤時間なわけです。

 電車内は、ぎゅうぎゅう詰め。

 僕ら子どもは、親の手を握っていました。

 完全な満員状態です。

 そこで、へんな会話を聞いたのです。

「ちょっとー! これ、誰の手よーー!?」

 と女性の声。

 そうすると、すぐ、別の男性が、

「スケ(助平)の手や」

 と合いの手を入れる。

「ちょっとー! 放してよー!」

「放せ、言われてもなぁ」

 と、こんな会話になりました。

 

 乗客は、ただ、その会話を聞いていただけ。

 男女が見知らぬ間柄だったら、おそらく痴漢でしょう。

 しかも、混みこみで、誰の手がさわっているのかわからない。

 しかも、誰も、さわっている男性を追求しようとはしない。

 乳だか尻だかをさわっていたのかもしれません。僕も、興味津々で現場を見たかったですが、

いかんせん、背が低いので見えない。

 今から考えると、悠長な時代ですね。

 さわられているほうも、半分、それを喜んでいるのです。

 

 姫路に着いて、ホームにある立ち食い蕎麦を食べて、たしか、動物園に行きました。

 いやはや、あの時代に大人だったらよかったのに、と、少し思いますね。

 

 さて、動物園も堪能して、百貨店で買い物もして、

西脇に帰ってきたら、

「お前ら、二人、先に家、帰っとけ」

 と、父は弟二人に言って、

「良一は、ええとこ連れてったる」

 と言って、駅前の喫茶店へ。

 店内が暗いんですよね。あの時代の喫茶店は。

 ランプも凝っていて、独特の雰囲気があります。

「僕らみたいな子供が、こういうとこ入ったらアカンのとちゃうの?」

 と母親に訊くと、

「そない思うか」

 と父。

「かまへんから、大人しいしとりよ」

 と言われて、多分オレンジジュースを飲んだのでした。

 

 懐かしいなぁ、昭和四十年代。

 

 翌日、登校すると、友達たちに、

「何や、風邪、一日で治ったん?」

 と訊かれて、頭をかいている僕でした。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「これは、文学なのか」、『純と愛』最終回 [近況…]

 近況も交えてお送りします。

 『純と愛』最終回、ご覧になったでしょうか。

「これは、感想を書かなきゃ、しゃあないな」と晩飯のときに家族に言うと、

親は、「やめとき」と言ってましたが。

 起承転結があって、最後に安定感を得て話が終わる、いわゆるジャンル分けとしての「ロマンス」(恋愛ドラマという意味でなく)と思っていたのですが、

見事に裏切られました。

 愛(いとし)くんが、目を覚ますのかなぁ、と期待していたのですが、それもなく、

病状が急変して死去することもなく、坦々と、これからも頑張っていくという純の決意表明で終わり。

 純の決意表明の独白は、一種の詩ですね。

 遊川さん、考え抜いたんでしょうね。

 僕の、『キャバレー・ウエスト・ムーン』の最後の散文詩みたいな感じでした。

 チェーホフの『桜の園』のラネーフスカヤの独白をも思わせますね。

 横で一緒に録画を観ていた弟が、

「あれだけ、色んなことがあったのに、ハッピーエンドにもならないなんてなぁ」

 と嘆息していました。

 ストーリーとして、純を幸福にしたり、またすぐに不幸にしたり、と、上げたり下げたりを繰りかえしたのですから、最後は、悲劇にしろ、もっと決定的な結がほしかった。

 まあ、そうならないのは、文学であることを意識しているからなのか。

 しかし、主人公に感情移入すると、毎日、随時、二時間おきに愛の姿勢を変えてやらなくてはいけなくて、それが、いつまでつづくか分からない、しかも、他の家族に頼ろうともしない純の、これからが大変なのではないか、と思いますね。

 

 さて、暖かくなってきて、壁蝨(ダニ)に咬まれながら、夜中のコーヒーを飲んでいるところです。

 桜は、明後日かその翌日くらいが満開になりそうです。

 写真に収めてきて、それをスライドショーで再生しながら、独り花見ですね。

 

 やっと、今月、毎日更新達成です。

 来月からは、新記事投稿のペースを落としますね。

 では、また。(^。^)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食べる→肥る [ラフに語る、つれづれ記]

DSC04043.JPG

 晩酌してる途中で、何かつまみたくなって、サンドイッチをつくった。

 スナック菓子を買いすぎである。

 しかも、もう、ひととおりの種類のスナック菓子を食べたので、食傷気味になっている。

 一袋百円弱でも、三つも一日に買えば高くつく。

 サンドイッチは、卵をスクランブルエッグにして、マヨネーズと一緒に混ぜ、普通の食パンを半分にスライスして薄くして、洋風カラシを塗って、と。

 もう一種類は、フランクフルトを斜めにスライスして軽く焼いてから、カラシを塗ったパンの間に、スライスしたキュウリと一緒に、マヨネーズで埋め込む。

 食ってみると、味が薄かった。

 両方の具材ともに、塩胡椒をかけるべきだった。(カラシだけでは、ピリッと感がイマイチ)

 

 歩かないなら、食べないことですね。食べるから肥るわけです。

 当然ですが、わかっちゃいるけど……。

 食べて、飲んで、喫って、こすって、いるわけです。

「忙しい人だなぁ」(相棒X)

 その上に、書いて、読んで、走って(乗り物で)、焼いて、炊いて、干して、取り込んで、いるわけです。

 

 今日も、原稿だけは書きます。

 では、また。(^。^)


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

穴埋め3 [近況…]

 もう少し、あと三日で、今月、毎日更新達成となります。

 一晩、飲みに行った勢いで、服薬せずに寝て、

翌日、アダルトサイトを見てたら、セフレの出会い系サイト登録へのリンクがあったので、

登録したけど、認証のメールが送られてこなかった。

 多分、メールアドレスとパスワードを知るためのフィッシングだったんでしょうね。

 ネットバンキングのパスワードやIDは伝わってないから安心です。

 一日、ぐっすり寝たけど、まだ調子がわるいです。

 

 こちら兵庫でも、桜が咲きはじめました。

 ユーチューブで、石原慎太郎さんと西村賢太さんのテレビ対談の録画があったので、

そのリンクを張っておきますね。

 お二人とも、貧乏な時期を体験していらっしゃいますので、共感しあえるようです。

 西村賢太VS石原慎太郎「東京の窓から

  今日は、こんなところです。

 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スナックに行ってきた。 [近況…]

 ブロガーの人と、明石で会うのは、経済的な面からキャンセルしたのでした。

 またしても、歩いて酒の買い足しに動いたら、

スナックに寄りたくなって、

タクシーを呼んで、銀行に寄って、二万円下ろし、

飲みに行ってきました。

 

 一軒目に寄ったお店では、お客さんが出来上がっていて、愚痴っぽく周りに喋っていて、

会話に交ざりかけたら、あからさまな拒否の態度をとられたので、

「わかった。アンタと喋っていてもしゃあない。今日は帰るわ」

 と言って、一滴も飲まずに、すぐに店を出ました。

 

 二軒目では、中年の常連のお客さんと話しが合って、

随分、楽しい酒になりました。

 やしきたかじんとアンルイスのカバーのオンパレードでした。

 店のホステスにも、歌が上手いのを褒められて、

山雨さん、いい調子。

 スーパーで買ったライターの点火方法が難しいという話で、ひと盛り上がりしました。

 たまには、飲みにも行かなくてはいけませんね。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

穴埋め2 [近況…]

 他人の言葉に傷ついて、それを考えつづけていたので眠る気になれず、徹夜してしまった。

 これだけ人づきあいを極少にしていても、Webでの批判が堪えることもある。

 更新が遅れたので、急遽の朝更新である。

 

 ゲストの方から、警察に職務質問されたことはないか、そのエピソードを書いてほしい、という要望が来たので、すこし過去のことを。

 第一回目の家出のとき、寝るところにも困って(銀行が休みで金を下ろせなかった)、たしか新宿あたりを深夜にうろうろしていたとき、警察官に呼び止められた。

 屈強そうな警官である。

 制服に、無線機を含む色んな器材をつけている。

 その上に、コートを羽織っているのだが、まるで軍人に対峙しているような威圧感を感じた。

「身分証明書を見せて」

 それだけを言う。

 運転免許を見せると、すぐに本部に免許の番号を無線で連絡して照合。

 犯歴のない、ただの旅行者だとわかると、

「行っていいよ」

 だけ。

「おまわりさん、一晩泊めてもらえないでしょうか」

 と、留置場でもいいから泊まりたい旨を言うが、

「それは、知らん」

 と言って、その場をすぐ辞去してしまった。

 もう秋にはいりかけていたし、夜だし、空気が冷たかったことを覚えている。

 翌朝、骨董品屋に、持っていたトランペットを売って、その金でビジネスホテルに泊まることになるのだが。

 

 職務質問されたエピソードは、他にもある。

 次回記事以降で、小出しにしたいと思う。


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3月25日(月曜日)、つれづれ。 [近況…]

 ーーーニュースを見ないんですか。社会は大きく変貌していますよ。ーーー

 こういうコメントがついた。 

 ヤフー動画ニュースは見ている。

 それで充分だろう。

 新聞を隅から隅まで読むのは、定年退職した老人。

 普通の人は生業の時間拘束があるから、そんなには読めない。

 山雨の場合、時間はあるではないか、と思われるようだが、

時事問題を隅々まで知って、それでどうなるの?

 本分は、小説を書くことなんだから、何でもかんでも雑多な情報を仕入れると、

心のシェアが削れる。

 定年退職した人同士が、時事ネタを論議していたりする。

 そんな講釈など、どうでもいいですやんか。

 知りたい情報だけをピックアップして、深く知ればいい。

 それも、講釈垂れに偉そうに教えてもらわなくても、知りたければ直接、新聞を読めばいい。

 それだけ。

 

 今問題になってるのは、中国の日本への領海侵犯や、中国の汚染物質PM2.5とか、黄砂とか、北朝鮮の核の脅威、株高一時的なバブル、円安、あと、東日本大震災の復興の進捗。

 これぐらいでしょう。

 講釈垂れは、だいたい無職。(無職でもいいのよ。何か、やるべきことをやっていたら)

 色んな情報を仕入れるより、自己研鑽を積みなさい。

 小説でも書評でも、絵でも漫画でも写真でも、自分の作品をつくりなさい。

 

 イカン、どうも説教臭くなってしまった。

 毎日更新に無理があるのよ。

 そりゃ時事ネタを取りあげれば話題には困らないだろうけど、そういうブログにはしたくない。

 

 どうも、他人のブログを読んでいたりすると、自分のことを暗に批判されているのではないか、と感じてしまうことがある。

 これは、ブログだけでなく、有名人がテレビで「ピー音」に消されたところで、こちらを批判しているのではないか、と思うこともある。

 もう、こちらへの批判だったら、「ピー音」で消すな、と思う。

 山雨乃兎という筆名を、有名にしたくないのだろう。

 芸能人というのは、ホントに姑息ですよ。自分のシェアがとられると思ったら、絶対に出る杭はたたく。

 しかし、こちらを批判していると思い込んでしまうのは、やはり最近、孤独にしているから自意識過剰になっているのだろう。

 でもね、一日、人とわいわいやると、もう原稿用紙に向かわなくなる。発散は、原稿用紙に向けるものです。

 

 まあ、最近のニュースを見てて思うのは、交通事故がやたら多いなぁ、ということ。

 片側一車線で対面通行という道路、多いのですが、その場合、一旦事故が起きると惨劇になる場合が多いですね。

 それから、保育所の待機児童が多く出ているというニュースですね。

 何で、少子化なのに保育所が足りなくなるのか、と思って、ちょっと検索で調べたら(調べるというほど見てないのですが)、若い両親が共働きをするケースが多くて、今までだと幼稚園から通わせるという家庭も何割かは有ったのだけれど、早く共働きを復活させないと生活が苦しい、という事情かららしいです。

 実は、この事実にも裏のケースがあって、実際には働きに出ないのに、働きに出るからという理由で申請する母親も居るとか。

 手のかかる子どもと、一時的にせよ離れてゆっくりしたい、ということですね。

 この理由も赦される範囲だと思いますよ。

 

 それから、包丁でスナック手伝いの女性を滅多刺し、という事件も起こっていましたね。

 相手の女性が好きで、振られたのかな。

 それにしても、包丁による凶行が多いです。

 何も、包丁をつかわなくても、柔道の絞め技で殺せますけどね。

 高校時代、途中で事故による欠席がつづいて、柔道の絞め技は習いませんでしたが、先頃、オーソドックスな絞め技は、ネットで調べて習得しました。(犯罪を犯すためではありませんよ)

 今日見た、動画ニュースは、三面記事的なのばかりでした。

 もはや、読み物のサスペンスより、現実のほうがサスペンスですね。

 今日は、こんなところで。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『永六輔のお話し供養』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 永六輔(えい・ろくすけ)さんの、『永六輔のお話し供養』を読みました。

永六輔のお話し供養

永六輔のお話し供養

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 単行本

 例によって、感想は、追記をお待ちください。

 

   追記・感想

 

 湖上のボートが装画である。

 表紙には、男性が一人。裏表紙には、男性とその家族と思われる女性と子どもたちが描

かれている。

 これは、離別と回想を表しているのだと思う。

 男性が先に旅立ったのか、それとも家族を不運な天災で失ったのだろうか。

 

 永六輔氏は、まず語る。

 人の死は、二回ある、と。

 ひとつは、生命体としての死。

 もう一つは、生きている者の誰からも思い出が語られなくなったとき。

 そして、この本では、永六輔氏にゆかりのあった人物の思い出が、永氏の口から語られ

る。

 放送作家が本業の永氏。一流の人との交流が多い。

 戦後、縁故疎開から東京に戻られる。

 本編を読んでいて、その当時の人たちは、親身に他人のことを思うということがある。

おせっかいだとしても、「みんなが同じような苦労をしたのだから」という気持ち(連帯

意識)が強かったのだろう。

 ご自身が、パーキンソン症候群という病だから、幻覚を見やすいということもあるらし

いのだが、永氏は、雑踏や映画館の客席のなかに、故人・渥美清さんを見かける、と仰有

る。

 私も妻の葬儀のあとに、遠くで、夫婦でじゃれあっていたときの妻の声をたしかに聞い

た。

 そういうふうに、故人を思い出すことが、ひとつの供養ではないか、と仰有る。

 

 歩道と車道を仕切る古い鎖を盗んで補導されたときに、おまわりさんに、「お前の顔は、

一度見たら忘れられない。『フランス座』に行け」と諭された渥美清少年。永六輔氏のご

実家に身を寄せておられた渥美清さん。毎日、故郷のお母さんに、「お袋、俺、元気」と

だけ書いた葉書を送っておられた。

 「自分の誕生日を祝うのは、間違っている」と、淀川長治さんに諭されたお話し。誕生

日に一番大変だったのは、産んでくれたお母さんだから、という自説で。

 某放送局の食堂で、永さんにステーキを奢ってくれた淀川さん。なかなか切れないパサ

パサのステーキに格闘している永さんに、「自分でお金を稼ぐようになったら、横浜のニ

ューグランドホテルに行って、同じステーキを注文しなさい。どんなに違うか分かるから」

と、一流の物の良さを教えてくださったらしい。

 シャンソン歌手の石井好子さん、坂本九さん、作曲家・中村八大さん、いずみたくさん、

岸田今日子さん、立川談志さんらとの、心温まるエピソードの数々を紹介されます。

 永さんが、これらの人たちから、人生の教訓のようなものを教わったところが大きい。

それも、さりげなく、単なる説教じゃなく教えてくれた先輩たちです。

 もう、ご自身も高齢になられているから、余計、先日までつき合いのあった故人のこと

を偲ばれるのだと思います。

 東日本大震災などで、多くの方々が、身内や友人を亡くされているのですが、故人は、

生きている者が話題に出すかぎりは、まだ亡くなったとは言えない。故人について語ろう、

と最終ページには、読者が綴る原稿用紙も用意されていました。

 やはり、人は、人のおかげで生きているのですね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ: