So-net無料ブログ作成

男の嫉妬、見苦しい。。。 [ラフに語る、つれづれ記]

 或る会社に勤めていたとき、

「オマエ、自分の糞ぐらい流せよ」

 と上司に何度か叱られたのですが……。

 まったく身に覚えがなかったわけですよ。

 いくら、その当時のほほんとしていた僕だからといって、自分で排泄した便を流さないなんてことはありませんでした。

 それで、後で考えてみると、

嫉妬していた同僚の嫌がらせだったのですね。

 その会社には、製図の部門で採用された僕を、配送をやっていた年上の同僚は妬ましく思っていたのでしょうね。

 反吐が出ますね。

 男の嫉妬は。

 自分で糞しておいて、自身は普段から流さないというようなことはない社員でしたから、後からはいってきたのほほんとしている僕が怪しい、と周りに信じ込ませるように持っていったのですね。

 心のうちだけで嫉妬するのはいいですが、それを、相手を困らせるような行動に出るのは、厭な気分になります。

 その同僚、親睦の旅行のときにも、私を早く酔わせるために、

「もっと、一気にあけてしまえや」

 とか言って、日本酒の段階から一気のみをさせて、社内全体での宴会場で、私がノックダウンしたのを見計らって、

「(吐瀉物で汚れてるから)全部脱がさなければいかんわ」

 と、全社員のまえで、私を丸裸にしました。

 お陰で、その会社では、私は酒に弱い男だ、という通説が出来てしまいました。

 今でも、此奴に対しては、「死ね」と思ってますね。

 まあ、私が直接復讐をする必要もないでしょうけどね。

 死にますよ、そんな奴。

 といっても、もう現在では、その人60を超えている年齢なのですが。

 でも、恐らく会社にしがみついているでしょうね。年金だけよりも、少しでも収入が欲しいという動機によって、嘱託扱いにしてもらって、時間給を稼いでいるでしょう。

 勝手にすればいいんですよ。

 仕事と併行しながら自身のスキルを磨いて頭脳的部門に引き揚げてもらうことは出来たはずなのに、その努力はしないで、同僚を凹ませることにだけエネルギーを使ったわけですからね。

 努力と研鑽で相手を見かえせばいいものを、そんな姑息な手段でしか反撃できなかったのですから。

 男の嫉妬は醜いです。

 人によりますけどね。

 女が女に対して嫉妬したり、無益な競争心を持つ、というようなことは、ほとんどの男の場合、ありません。

 男は理知的な生き物なので、自分を客観視する目を、普段から持っていますからね。

 でも、ときどき、こういうしょうもない男が居ますね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』について。。。 [ラフに語る、つれづれ記]

 安心して見ていられない。

 毎回、必ずメチャクチャになって終わる。

 『ルパン三世』だったら、何回かに一遍は、盗みが成功してルパンたちが潤う場面もあるのだが、『こち亀』の場合、必ず最後はハチャメチャになって幕を下ろす。

 勧善懲悪のストーリーなどを「ロマンス」と呼ぶ。

 あらかじめ、読者が結末はハッピーエンドになるから安心して見られるという意味のことを分野分けでは「ロマンス」と呼ぶのだが、

 『こち亀』は、最終的に破綻するのを周知させているロマンスである。

 他人は知らないが、僕は、個人的にはそんなストーリーは望んでいない。

 大人向けに出発した劇画の『ルパン三世』ですら、何回かに一度は盗みが成功して安堵している場面があるのだし、「ゆっくりさせてくれよ」と言いたくなる。

 さらに言うとすれば、両津勘吉は、マトモに職責を果たせない警官なのか、という問いを投げかけたくなる。

 四十代にもなれば、分解していくストーリー、破綻していくストーリーを喜ばしいとは思わない。

 腰が落ちつかないドラマを見ても嬉しくないのだ。

 さらに、毎回ストーリーが破綻してハチャメチャで終わるのは、子供は愉しめても、大人は愉しめない。

 『こち亀』が、途中から面白くなくなった、という意見もあるが、最初から面白くない。

 原作とシナリオをつくる人が別になった時点からだと思う。

 何と言っても、こんな現代のパソコン、ケイタイ、ゲーム、主流の世の中ではない時代から『こち亀』は漫画としてあるわけだから。

 最後がハチャメチャにならなくても、読者は喜ぶ。

 そういうところを分かってくれ、と創作者に対しては思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今月も無事、終わった。。。 [近況…]

 月末になると、忙しくなる。

 ヤフープレミアムの支払いのための預金の充当やら、プロバイダ料支払いの金の充当やら、町内全軒分の配りものの仕分けやらで、てんてこ舞いになる。

 今月も無事、それらを終えた。

 書評を追記で挙げると公言しておきながら、そんな煩雑な用事があるために後まわしになっている。

 お金をとらない書評記事だけに、管理人優位だろう。(書評の遅延は許してもらえる範囲だと思っている)

 ヤフー動画ニュースで、株価の動向を解説するコーナーを見る。

 男の常駐の記者が、髪の毛を全部剃っている。

 ああ、僕に触発されたのかなぁ、と思う。

 女子アナウンサーと笑いを堪えながら放送無事終了。

 人の真似をしていてはいけませんよ。(まあ、真似ではないのかも知れませんが)

 頭を丸坊主にすると、自身が人目をかなり気にするようになります。

 男の場合、イメージチェンジをいっても簡単ではないのですよ。

 また、毎日、書く生活に戻る。

 どんなことがあっても、毎日数枚書く。そのことが、最終的な作品の完成になるのです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ブレーキのついていない自転車だが…… [真夜中のつれづれ記…]

 ブレーキのついていない競技用の自転車を公道で走らせていたとして、競輪選手が逮捕されたわけだが……。

 そんな事態は、前からありますよ、と言いたい。

 伊集院静氏の書いた小説のなかでも、(正確ではないので言い切れないが(私の記憶からだから))競輪選手が公道で練習するパターンはある。自転車の前後どちらかに監督用の車がつく場合もあるが、選手だけの場合もある。

 それを、何故、仲間が警察に通報したのかが分からない。

 最近話題になっている、競技用のブレーキのついていない自転車が問題なのは、プロではない素人が公道で乗るからだろう。

 プロなら、ブレーキがついていないことによる危険性は把握しているし、万が一のときでも、自分が犠牲になる行動をとることで、事故の相手には損傷を負わせないという心がけがあると思う。

 素人は、気晴らしのために乗っているにすぎないので、イザとなったとき、自分の身を犠牲にするほうにハンドルを切ることは出来ない。

 それを、一律に法律が施行されたからといって、プロの競輪選手にまで、公道での練習を控えさせる、或いは、ブレーキのついた自転車に変えさせるというのか。

 一番腹が立つのは、自損事故を起こした仲間を警察に突きだした仲間だ。

 また、事故を起こして救急車を呼ぶ必要があり、その上で仕方なく事故届けも出す必要があったという場合なら、警察のほうが、「ブレーキのついていない競輪用自転車」について、摘発を控えるべきではないのか。この場合は、プロが練習のために乗っていたのだから。(しかも自損事故だろう)

 良案としては、競輪選手であるという身分証明が出来れば、ブレーキのついていない自転車に乗っていることだけで違法にすることから除外してはどうか、という案だ。

 政治家へのインタビューでも、そこまで聞くか、という事を訊く記者、とか、インタビューの一部だけを抜粋して責め立てる週刊誌や新聞のライターとか、この国は、もう、どこかおかしい。

 責められるべきことをやった人が、はじめて責められるべきなのだ。

 自分がやっかむから、少しでもネタになりそうなら、簡単に他人を貶めれるか。

 情けない。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

過日の写真 [ラフに語る、つれづれ記]

 写真ほど一瞬で理解できるものはありませんね。

 ブログやってて何で最近アクセスが落ちたのかなぁ、と考えてみると、そう言えば最近写真をぜんぜんアップしてなかったなぁ、と思いました。

 ところが、イザ写真といったって、最近撮ってないし……。

 近日に撮った写真をソフトに取り込もうとしたら、カメラの充電切れでしたし、すぐに充電できないしね。

 それで、過日、義父のところへ出かけたときの写真をお見せしようと思います。

DSC02150.JPG

 この日は、すごくスカッと晴れてましたね。

 写真といっても、加古川から西脇に帰るときの車窓からなんですが。

 しまった! 走行中のデジカメの操作は違反なのか。(今度から停まってから撮ります(笑))

DSC02148-b.JPG

 加古川市内は混みますね。神戸ほどではありませんが。

DSC02152-b.JPG

 ソフトに取り込んだ日付が、8月26日になっています。

 25日ごろに行ったのでしょうね。

 お盆の墓参りのとき、例によって昼間寝ててお会いできませんでしたから、罪滅ぼしですね。

 義父のお宅は、一度引っ越しされてまして、辿り着けるか不安だったのですが、カーナビで行けました。

 番地まで分かると、かなり近いところまで連れてってくれます。

DSC02155.JPG

 サツマイモから芽が出ているところです。

 この頃は、ひたすら手書きで書き直しをしていました。

 ああ、夏のほうがいいなあ。

 また一年、夏を待つことにします。

 では、また。(^。^)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頼むから、客席を真っ暗にしてくれ。。。 [ラフに語る、つれづれ記]

【この記事は、一昨日書いた記事です。】 

 どうせ原稿のことを悩みつづけていて起きているわけだから、朝っぱらから新記事を挙げようと思う。

 通勤・通学の時間帯は落ちつかないが、それは、さておくとして。

 

 近頃のコンサートとか講演会は、客席が明るいことが多い。

 これが僕は困ります。

 城山三郎さんの講演会に行ったとき、客席が明るかったんです。

 僕は、頭痛が常時ありますから、酷くなると考想伝播が出ますからリスパダールという薬で症状が出ないように抑えて城山さんのお話を聞いていたわけです。

 講演者は、客席の誰か一人に注目してお話をします。

 そうすることで、自身の緊張もほぐれるからなのですが。

 話されはじめて、すぐに、僕と目が合ってしまいました。

 講演者は、大体、客席の中程の自身から見て左手の人に目線を合わせる傾向にあります。

 その位置に、僕、座っていたんですね。

 ときどき、お話に相づちを打ちながら聞いていましたから、

「おう、なかなか興味深く聞いてくれるいいお客さんだな」

 と、最初は思われたと思うのですよ。

 でもね、

 いくら薬で症状を抑えていても、自身の査定で五段階あるうちの1か2の症状の状態ではあったわけです。

 この段階だと、頭痛の感覚だけが面と向かっている人に伝わるのですね。

 これ、本人が一番辛いのは勿論ですが、伝えられた人も辛いのですよ。

「話しは、よく聞いてくれるが、なんや気ィわるいな此奴は」

 と途中から多分思われたと思います。

 それで、それが理由か定かではありませんが、

1時間半の講演を、五十分ほどのところで、急に終わらせてしまわれましたね。

 最初に目が合わなかったらよかったんですが……。

 

 西脇のアピカホールに日野皓正さんがお越しになったときも、客席が明るかったです。

 とくに症状は出ませんでしたが、客席が明るいと、こちらが緊張します。

 

 だいぶん昔に行った甲斐ファイブのコンサートは、客席、真っ暗でした。

 このときは、二階席ということもあって自分は緊張せず、充分に演奏を堪能しました。

 まだ行ったことはありませんが、やしきたかじんさんのコンサートも、客席は真っ暗らしいです。

 その方がいいです。

 何で、最近、客席が明るいパターンが多いのでしょうかね。

 頼むから、客席を真っ暗にしてください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寒いですね…… [ラフに語る、つれづれ記]

 寒くなりましたね。

 とくに深夜から明け方はとくに。

 雨戸を閉め切ることが多くなったので、布団が湿っけてきました。

 このままでは、壁蝨や紙魚が湧きますね。

 男やもめに蛆がわく、ですね。(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうにも…… [近況…]

 昨日の晩(正確には一昨日の晩)、或る考えが思いついて、

今書いている原稿を放ったらかして、中編を新たに一気に書こうとしました。

 今、応募用の原稿は一つ手許にあるのですが、もっと辛辣な内容のものの方がいい、と思いついたわけで、

結局、夜中から四時間ほどで32枚の原稿を完結したのですが……。

 出そうとしている賞は、250枚以内という規定なんですね。

 それで、翌日、今までの作品の一部を随所に挟み込む形で増量すればいいや、と安易に考えていたのですが、

作品の背景設定が微妙に違いまして、無理みたいです。

 

 この、昨日書き上げた作品を賞に出すべきかどうか悩んでいます。(先日書き上げているほうの原稿は214枚ですから、分量的には丁度いい訳です)

 応募規定では、「250枚以内」とはありますが、短編も可なのか、そこのところが書いてありません。

 ご存知の通り、「応募に関する一切の問い合わせには応じられない」となっていますから、250枚以内であれば短編でもよいのかいけないのかまったく分かりません。

 お手上げです。

 

 最近の新人賞の傾向として、応募作品だけで一冊の本に出来る作品を出版社は求める傾向にありますから、ちょっときついでしょうね。

 もっと加筆すればよいのでしょうが、あと一週間で170枚の加筆は無理そうです。

 山本一力さんは、新人賞受賞後、二作目の編集者さんとの打ち合わせのとき、

かなり、加筆増量と減量を、何度も命令されたようです。

 そうやって、一つの作品をシェイプアップする技術が身につくのでしょうね。

 山本さん、きつかったけどご自身で後から作品を読んでみると確かに鍛えられたのが分かった、と仰有っていました。

 今回、どちらの原稿を出すかは、締め切りぎりぎりに決めようと思います。

 

 話題かわって、深夜に、妙な声が聞こえました。

 何を喋っているのかは分からないのだけれど、化け物のような不気味な声です。

 恐らく、カラスだと思うんです。

 カラスは、人の喋るように啼くときもありますから。

 でも、怖いですね。

 ホラー映画は好きですが、現実の化け物は僕は苦手です。

 『リング』の貞子とか幽霊は怖くないんですが、『死霊のはらわた』なんかのスプラッター系の化け物は苦手です。

 声が聞こえなくなるまでタイミングを待ってから、窓の外を確認しました。

 

 すっかり朝になってしまいました。

 原稿のことは、まだ悩み抜くつもりです。

 では、また。(^。^)


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感