So-net無料ブログ作成

新感覚野球(試案) [真夜中のつれづれ記…]

 我ながら閑なのか、とも思ってしまうが、原稿を書いていて浮かんだ新しい野球の形を紹介しよう、と思う。

 作品に投影すればよいのに、という声もありそうだが、アイデアというのは先に発表してないと負ける。それに、作品には人間の苦悩などを書くので、このようなアイデアなどは、それだけが肝心なことではない。僕の場合。

 しかしながら、プロ野球などの硬式ボールでこれをやると、危険かも知れないので、ゲームのルールを細かく作る必要はあると思う。

 野球というスポーツは、変化が起きない場面が長くつづくときもある。

 それならば、こうしてみては、どうだろう。

DSC01833.JPG

 同時に併行したタイミングで投球が行われる野球である。

 ダイヤモンドは、従来のものと少し違う。

 一塁でホースアウトをとるために、一塁だけは二重にするのである。

 二塁から合流する。

 どちらのバッターが打った球でアウトをとるかは、ルールで決めなくてはならない。まだ、そこは試案の段階だ。

 一塁からリードして走塁する場合も、一二塁にランナーが溜まっていて、そこにヒットかゴロが出た場合にも、ランナーには原則的にホースアウトはとれない。あくまでもランナーにはタッチでしかアウトはとれない。僕の頭では、そうしないとややこしいことになるのだが……。

 一回ごとのイニングは従来どおり三人、それを両方のバッターボックスでやる。

 タイミングを合わせない。

 つまり、緩急の気分的仕切りがない。

 うかうかしていると、いつ球が飛んでくるかわからない。

 最終的に得点になるホームベースは、この左側の一つだけ。それをエンド・ベースと仮に呼ぶ。

 こうなると、野球は11人ですることになる。

 マウンドのホームプレートからキャッチャーまでの距離をだいたい同じにする。

 よって、ピッチャーの位置は、放射状に少し避け合う位置に。

 これで、危険のないように改良できればスポーツとして成り立つかも知れない。

 うーん。

 考えてみれば、外側のピッチャーが一塁へ向かうバッターランナーの妨害をしてしまうことになる。

 何とか、妙案はないものだろうか。

・追記

 今日はもう寝る。

 最終的に、どう考えたかを説明する。

 写真を掲載している閑がないので、言葉で補足することにする。

 外側のピッチャーの位置を、二つのファーストベースの中間の少し前の位置に持ってくる。

 二つのホームベースの間には、三角柱のブロック塀を設ける。

 外側のダイヤモンドのバッターが、かなり左に打っても、もう一人の打者に当たらないように。尚かつ、自分で打った球がマトモに自分に跳ね返ってこないように三角柱のブロック塀にするのである。

 外側のバッターボックスの選手は、かなり左に打てないと塁に出られない。そこは、そういうハンデが有ってもいいと思う。

 今の処、以上のような試案になった。

 では、お休みなさい。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近の山雨 [近況…]

 モルモン教(キリスト教)の宣教師と縁があって、数年前から、何度か来日する宣教師と交流をしています。

 大学のカリキュラムの途中で、一旦休学して、モルモン教の伝道&修行に日本に来られるパターンだそうです。

 最近は、日本からアメリカの大学に行かれた人が、宣教師となって日本に来られることも多くなりました。

 モルモン教の宣教師さんたちは、「何か、私たちにお手伝いできることはないですか」と、無償のボランティアを打診されます。

 そうすることが、修行の一環のようです。

 そこで、僕は、投稿生活であまり身体を動かさないので、一週間に一度でいいから、何かスポーツにつき合って欲しい、と頼みます。

 昔(数年前)は、テニスをご一緒にしていましたが、今はラケットに予備がないので、教会の台を借りて卓球をしています。

DSC09703.JPG

 ブラジルから来た、ダンタスです。

 彼は、冗談が多くて、こちらもちょっとペースを崩されます。(笑)

「マジ~すか?」とか、「俺に言うなよ~」とかひと言ギャグで言います。

 ああ、これは、誰かがあの昔K1で有名になった外国人(ちょっと名前を忘れましたが)のように育てようと教え込んだんだなぁ、と思って、

前の赴任地を訊いてみると、やっぱり、大阪に居た、と言います。

 そこで、僕も、

「Never mind, same mean Jananese word is しゃあないやないけ~」

 と教えてあげました。 

 少し意味がずれていますが……。

DSC09705.JPG

「Mr.山雨、ダンタスとは、日本語でどう書くか、分かりますか?」

 と、ダンタスが言って、黒板に書いてくれたのは、

「男足酢」

 でした。

「ビネガー?」

 と訊くと、

「オウ! so ビネガー!」

 と言っていました。

DSC09708.JPG

 もう一人の宣教師は、プライスといいます。

「プライス イズ ハイプライス」

 と、僕が言うと、みんながこけます。

 priceとは、価格の意味でいいのか、と訊くと、その通りだと言っていました。

  宣教師たちと僕との間で、ひそかに流行っている言葉があります。

 卓球の試合などで、ずるい作戦をした相手に、すかさず、

You are dirty. と言います。

 これが、なぜか、どんな外国人にもメチャうけです。 

 彼らは僅かな期間で異動となって、この西脇を出ていきます。

 一期一会ですね。

DSC09710.JPG

 教会が衛星放送を導入しているのでアンテナがあります。

 それにしても、大きなパラボラアンテナです。

 では、また。(^。^)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『妖談』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 車谷長吉さんの、『妖談(ようだん)』を読みました。

妖談

妖談

  • 作者: 車谷 長吉
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 単行本

 こちらも、感想は、追記をお待ちください。

 

   追記・感想

 

 車谷長吉氏の最近の掌編小説集。

 読んでいて、これは私小説というよりエッセイみたいだ、と思える作品もあった。

 車谷氏は、虚実皮膜(きょじつ・ひまく)の中間(ちゅうげん)を行く、と普段から執

筆姿勢について言われているので、一つひとつの作品自体が、全て事実を書いたも

のではなく、嘘も交ぜてある。それは、今回も読んでいて分かった。

 一つひとつの作品が短い所為もあるが、登場人物のバックボーンを想像することも出来

ず、(何々があった、というような)説明だけで物語が進行するので、読んでても面白く

ないなぁ、等と思っていたのだが、後半の作品になると俄然、車谷氏でなければ経験して

いない事実が沢山登場する。

 面白かったのは、『虫のいい女』という作品。プライドの高い、同僚を見下すところも

あった英語の出来る女が、高給の東京のカナダ大使館の仕事に引き抜かれて転職す

るも、勤め帰りに交通事故であっけなく死んでしまう。その記事を見た元同僚たちが彼女

のことを回想してしばらく話すのだが、誰もついに「可哀想」という言葉は口にせず、す

ぐにその話題は終わってしまう。作中には、「これが近代社会である」と書かれていた。

 『まさか』という作品では、ストーリーとは直接関係はないが、おそらくは著者の考え

方、と経験だろう、と思われる「人の顰蹙を買う」作品が編集者に好まれるのだという事

実。そういう作品こそ売れるので、著者は無難な作品を書こうともするのだが、どうして

も編集者からオウケイを貰えないので、そういう作品を出すことになる。読者もまた、そ

ういう人の顰蹙を買うような作品を、こっそりと自宅で読みたいのである、という論旨が

出てきた。

 まったく、その通りかも知れない。

 『二人の母』では、不幸な境遇で育った人の子が、また不幸になる、という不幸の連鎖

・悪循環、を問題提起している。ストーリーについては、是非、本編を読んで頂きたい。

 『殴る蹴る』という作品では、私と同じ考えが主人公の口を通して語られた。

 大学の授業で、学生である主人公が、ゲーテを解説していた教授の得意満面な状態のと

きに出た「僕ぐらいの大学者になると、こういうファウスト博士の嘆きがよく分かるんだ」

と、自身のことを「大学者」と言ってのけたのに対し、「えッ、誰が大学者なの」と反論

の指摘をする。そのことが元でストーリーが展開していくのだが……。【一部、本文引用】

 ゲーテについて研究、或いは、このストーリーに限らず、大人物に対して、研究する。

翻訳、注釈、解説をする教授。こういう人は、それはそれで研鑽を褒められるべきなので

しょうが、自分自身が創作をしていない。こういう意味で、主人公の学生は、この教授は

ファウストに比べたら大学者ではない、と言ったのです。

 この考え方、まったく私と同じです。

 恐らく、車谷さん自身の考え方でもあり、ストーリーも、もしかしたら実体験かも知れ

ません。そう思いました。

 『業が沸く』と『警察官を騙した女』については、読んでいて、地元西脇の人たち(全

部が全部ではありませんが)の気風そのものだなぁ、と思いました。

 車谷さんは、播州飾磨生まれですから、西脇と土地が近いので気風が似ているのかも知

れません。(いやー、西脇でも、一つ隣りの市に行くと気風が穏やかですから、どういう訳なのか

分かりませんが……)

 ともかく、がめつい。えげつない。そういう人たちが多いのです。

 読んでいて、「居る居る、こういう人」と首肯してしまいました。

 他人や周りに傷つけられたことをそのまま書くから、そして書き手が心のダメージを負

っているから、余計そのダメージが読み手にも届くのでしょうね。

 こういう作品群も、やはり文学を支えているのだと思いました。

 翻って、きれい事で生活できるような土地では、心に訴えかける重たい作品は生まれな

い、とも言えるのかなぁ、と思いました。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『今日からはじめる インターネットわくわく懸賞生活』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 小島かつらさんの、『今日からはじめるインターネットわくわく懸賞生活』を読みました。

今日からはじめる インターネットわくわく懸賞生活−EXCITING PRIZE LIFE BY INTERNET

今日からはじめる インターネットわくわく懸賞生活−EXCITING PRIZE LIFE BY INTERNET

  • 作者: 小島かつら
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2005/02/08
  • メディア: 単行本

 感想は、追記をお待ちください。

 

   追記・感想

 

 懸賞は、私もインターネットでは大分応募しました。

 でも、ぜんぜん当たらないんですよね。

 そこで、この本を借りてきた訳ですが、この本版が古いから、同じ著者の新刊を借りて

くればよかったな、とも思いましたが。

 著者の小島かつらさんは、懸賞サイトを運営していらっしゃいます。

 懸賞にのめり込むようになったきっかけは、ご主人が著者の名前で応募されたインター

ネット懸賞で10万円相当のギフト券を手にされたからでした。

 懸賞の神様と相性がいいのかも知れない、と思われたそうです。

 最初は、専業主婦をしておられ、そのときに楽しみのつもりで始めた懸賞が、やがて仕

事にまでなったそうです。懸賞サービスの仕事をご主人とお二人で営んでおられます。

 ご自身が運営されているホームページ『懸賞大好きホームページ』や他の懸賞サイトの

掲示板などで書き込みをする常連さんたちと、オフ会を開かれることがあるそうです。

 そういう場が、情報交換の場だそうです。新しい方法(当選するには)を得ることが出

来るのですね。

 オフ会でお知り合いになられた懸賞の達人さんたちの、当てるコツ、を紹介されていま

した。

 私は、「どうせ、当たるのは主婦とか、現役世代で仕事をしている経済力のある層だけ

だし」と思っていたのですが、そういうことではなく、コツがあるらしいです。

 達人さんたちは、インターネット懸賞よりもリアル懸賞の方に多く出されているようで

す。

 オープン懸賞とクローズド懸賞という大きな大別区分があって、クローズドの方が当た

りやすい、とか。クローズド懸賞は、商品を買った人がターゲットです。商品についてい

るバーコードなどを集めてハガキなどに貼って応募するのですね。

 フリーメールのアドレスのとり方とか、メールボックスをいっぱいにしない方法とかも

紹介されていました。

 驚いたのは、インターネット懸賞の場合に書き込む個人情報を一括管理して、応募画面

に一遍に貼り付けることのできるフリーソフトがある、ということでした。

 当てるコツとしては、ハガキの場合、イラストを添える、とか、三色ボールペンを使う

とか、コメントや企業への要望を書く、ということ。

 この、ひと言コメントが大事みたいです。インターネット懸賞でも、ひと言コメントは

大事なようです。

 最終章では、懸賞についてのよくある疑問に答える、として、投稿者・応募者が普段心

配に思っていることについてもズバッと詳しく答えてありました。

 やはり、月に50~60通のハガキを出すくらいのペースは当たり前のようです。 こ

の本で語られたことは、既に小島かつらさんのホームページで紹介されていたこと。でも、

本で読む方がweb上で伝えたいことを漏れなく伝えることが出来る、と著者は仰有って

いました。(webだと、却って全編にくまなく目を通すということは難しいようです)

 小島さんの運営されるページは以下です。

 『懸賞天晴』

 『懸賞大好きホームページ』

 貴方も是非、行ってみてくださいね。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【夏目漱石】、朗読、を、実験的にーーー6 [ラフに語る、つれづれ記]

 お待たせしました。

 【夏目漱石】『行人(こうじん)』の朗読のつづきです。

 では、また。(^。^)

 

 ・『行人』朗読トップへ

 ・『行人』次へ


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

登場人物の名前について [総合案内]

 上梓した本に関しても、ブログ上でだけアップロードしている原稿に関しても、作中登場人物の名前は全て架空です。

 ここ数年、作中登場人物の名前で、検索から来られる方が何人かいらっしゃるのですが、たとえ、ご本人もしくは知人の名前と同じであっても、その方のことを書いている訳ではありませんので、ご安心ください。

 登場人物の名前に関しては、作り手によって、社会に現実にはありえないような名前を作られる方もあります。

 しかし、私の場合、よりリアル感を増すために、現実にあり得る名字や名前を使っています。

 また、私が知る範囲の人をモデルとして、勿論人物造形にフィクションを交ぜて作り上げるキャラクターも居ますが、その場合は、必ず、モデルになった人の名前を完全に変えて作品にしています。

 どうか、ご安心ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サンデルの授業を見ていて [真夜中のつれづれ記…]

 サンデルの「白熱教室」などの授業を見ていて思うのだ。

 社会全体の幸福度を上げることと、個人の最低限の人権を護ることの、仮定的な議論で設定される状況に、

片や、恣意的な殺人が伴うものが多すぎる。

 選択の余地なく、動きとして避けられないことの中に、自分が望まない殺人(結果的)があるのと、

多数の幸福のために、恣意的な殺人を犯すのもアリ、か、とする議論に、そこでは、その軸での議論でないのに、ごっちゃまぜにして議論することに無理があるように思う。

 対極の条件の設定として不公平な設定をもってきている、と私は思う。

 問いの設定が、同じフィールドに立っていない。

 電車が避けられなくてブレーキも効かない状況のとき、(電車の運転士に)ハンドルを切って二つの違う状況の路線に行くことを選択する、という問い、と、

分岐していない線路で、誰も改善策を施行することが出来ない状況で、線路脇に居た自分の隣に大柄の男が居るから、その男を線路に突き落とせば、最悪の事態は避けられる、という、対立する項目自体が、同じフィールドに立っていない。

 片や、自分に出来る最善の行動は何か、と問うているのに対し、

一方は、恣意的な殺人を犯すべきか、という、違うレベルの行動をすべきかどうか、という問題までをも含んでいる。

 一方は、義務があり、することとしては選択だけである。

 片や、一方は、それをしない自由も与えられており、それをしなければならない義務はない状況である。

 まして、後者は、能動的殺人である。

 これは、不自然な議論と言わざるを得ない。

 或いは、サンデルは究極の選択の選択肢の中に、能動的殺人とやむない殺人、という項目を敢えて出現させたのかも知れない。

 サンデルとしては、出演者に、そこに気づいてもらいたかったのかも知れない。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文法やスペリングは、追々直します。 [近況…]

I am thinking about that , I must learn English more. Because I want to go to NewYork.

So I stopt writing by Originalstory. Because I don't have motiivaition now.

I must watch foreign country. Because for I get world-wide-view eyes.

I think so , Japanese-women is not straight tallker. But foreign country's-women is more frank than Japanese women. I am gladder when I meet foreign country's women than Japanese it.

I am poor now. But I must learn English.

I perhaps Learnig English half year. I want to study only so long-time.

I mabie do not writing story far away.

To be continue.

Good-bye.


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感