So-net無料ブログ作成
検索選択

今年を振りかえる。 [近況…]

 ホントの年末になって、今年を振りかえりたいと思います。

DSC09373.JPG

 写真にも顕れているように、今年は大掃除はなし。。。

 雑多な用事に振りまわされて、こなすだけになってしまいました。(洗車と洗濯物の乾燥に行ってきて、そこで時間切れです)

 動画でも近況としてとりあげましたが、「きらら文学賞」にはつづけて応募しています。

 実は、内情を明かすと四作品以後、一作は、しびれを切らせて「小説すばる」さんの方に応募したのでした。

 実に、全作品落選。

 「小学館きらら文学賞」落選(今年は二作品の落選通知)、神戸新聞「読者文芸」4~5作品落選、「小説すばる新人賞」も落選でした。

 今年は、とくに、年頭の頃は、ヤフーチャットでからかわれたり、知人に色々言われたりで、小説を書くモチベーションが維持できず、仕舞いめには、現実にからかわれてどれだけ傷ついたかを作品に投影させるようになりました。

 そんな中で、ブログ、完全に一時閉鎖。その後、エクスポートデータを基に再開。

 しかし、URLを変えたことが大きな打撃になってしまいました。

 ホントは、エクスポートデータをとっていたことで安心していたのでした。

「アンタの声で傷ついたに見えたブログが、実は何ともない」というところをアピールしたかったのですが、ソネットの場合、基のURLが完全な欠番になってしまうので誘導ができず、多くのブックマーカーを逃すことになってしまいました。

 この辺が、ちょっとだけ気が短い自分の性格を反省させます。

 ページランクも、以前は3だったのが、今では0です。

 現在では、検索からの訪問者が日に0です。

 今年の二月ごろに一作品書き上げ、その後、新作を書いていましたが、あまりにも高邁な思想を反映している作品だったので、自分の手に合わず、途中100枚越えに至った状況から、その原稿は放置することになりました。(キリストが現代日本に再臨するというストーリーでした)

 そこから、現行の作品を書き始めて、現在で八ヶ月は経っています。

 なかなか完成しません。

 その間も、神戸新聞「読者文芸」の賞に向けて、何作も併行して短編を書きました。

 本来、このような陰の努力を述べるべきではないかもですが、まあ、今年の山雨が、どんな風だったかを探る手がかりとして読んでくださいね。

 今年は煙草の値上がりもあって、少しでも収入を確保するために、ヤフーオークションをはじめました。

 また、四年もまえからチョボチョボとはやっていたアフィリエイトにも力を注ぐようになりました。

 そのような状況を経て、はや気づくと年末です。

 腐りながら、既に覚醒している状態で二度目の飲酒をしたりしてさらに自分にカンフル剤を打って書き続けました。

 来年も、今年同様の努力をつづけるつもりです。

 皆さま、今年もお世話になりました。

 来年も、よろしくお願い致します。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『大不況には本を読む』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 橋本治さんの、『大不況には本を読む』を読みました。

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)

大不況には本を読む (中公新書ラクレ)

  • 作者: 橋本 治
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 新書

 例によって、感想は追記をお待ちください。

 

   追記・感想

 

 「大不況には本を読む」というタイトルでありながら、本編四分の三まではタイトルで

表された内容は出てきません。

 世界の経済がどのように変化してきたか。日本の経済がどのように変化してきたか。を

滔々と語られます。

 

 世界の経済に、一番大きな変化をもたらしたのは、産業革命である、と。

 産業革命によって、工業製品が大量に生産できるようになった。その結果、産業の中心

だった(たとえると父や兄的)な農業は、利益の面で完全に負けることになった。

 大量に製品をつくることが出来るようになった国は、外国へも製品を売りたくなる。

 鎖国中だった日本も、ペリーに港を開くように迫られる。

 

 それから、百五十年。日本は、敗戦とオイルショックとバブル崩壊を経験する。

 日本は、政治と町民が切り離れた存在としてある。西洋では市民と政治は直結している。

だから、革命や暴動が起こる。

 江戸時代の士農工商という身分制度で官が統治したのは農民で、町民は物作りやそれを

売って儲けるという生活スタイルだったので、統治の影響を直接受けなかった。(大阪の

堺港に代表されると思う)

 

 世界は、産業革命以後は、工業製品を輸出して富を得る時代にはいったのだけれど、そ

れを一番成功させたのは日本であった。

 ヨーロッパでもアメリカでもない後進国の日本に、安くて質の高い工業製品を輸出され

つづけてはアメリカとしても自国の経済が成り立たない。そこで、日本に農産物をもっと

輸入してくれ、と関税の引き下げを求めてきた。

 著者は、自由貿易と保護貿易に関して、独自の持論を持っておられる。

 すなわち、工業製品ぐらい自国でつくりなさいよ、とアメリカに言えばよかったのであ

る、と。

 ヨーロッパは、日本の工業製品輸出過多に対して、ブランド物(奢侈品)を買うように

奨める。しかし、それもそういう風にもっていったのはアメリカなのだ、と。

 

 日本人は、富んできても「まだまだだ」と思って貯蓄する。

 その結果、世界でのお金の流れが停滞する。

 農業分野、農産物は日本製の方が安全でしかも美味なのである。いくら、関税を引き下

げても日本人は外国の農産物を買わない。そこで、ブランド物を買うように仕向けた。

 あってもなくてもいいもの、にお金を使うことになる。

 

 その後、ITバブルがあり、それも破綻して、今度は架空のお金をあるように見せかけ

た商売の時代にはいる。アメリカのことだが。

 自分たちが質の良い工業製品を作ろうとは思わないで、日本に嫉妬して、「働き蜂には

働かせておけ」と考えて、金融商品の利ざやだけで食べていこうとした。

 それも破綻した。

 

 現代は、発展途上国以外は物が飽和状態。物を創って売るという経済のあり方も限界に

きている。

 復興→繁栄→退廃、と経済は動く。

 そのことは、バブル崩壊をいち早く経験した日本人だから余計わかることである、と。

【加筆】 この経済の動きは、人間の脳の疲れ方&回復の仕方に似ていると思った。

 他の本で読んだことだが、脳は報酬系の要求によってどんどん強い刺激(快楽)を求める。それが、最終的には極度の疲れを伴うので自動的に人間、寝てしまう。たとえば、酒でも、始めはビールぐらいが美味しいのである。それがだんだんと杯を重ねる内に強い度数のアルコールを脳は欲しがる。私の場合、ビール→水割り→ストレートと移る。最後は、疲労が溜まるので、もう身体の方が受け付けなくなる。同様に、経済も、景気が回復してさらに景気がよくなりすぎると、一旦破綻する。

 

 話しが戻るが、誰かが富を蓄えて使わない、となると、誰かが、働いても金に困るとい

う状況が出てくる。沢山稼いでもよいが、死ぬまでに全部使い切ってしまうのが、経済の

ためには良い、と私も思った。

 

 実に、本編の四分の三までが、上記のようなお話で、最終章にきてやっとタイトルと付

合した内容になる。

 

 仕事もなくて収入も少なくて時間だけはある、という状況に追い込まれている人が多い

現代。だからこそ本を読もう、と。

 本には、過去の経験や知識しか書かれていないが、それを自分の知恵とすることで新し

い道が拓けてくるのではないか。(著者がこのように仰有っていたかは正確ではないが)

 どんな本とは指定されない。

 なるべく全てを的確に語ってしまっている本ではなく、読者自身が著者と対話し行間を

推察して読者自身が自分で考える癖をつけられるようなタイプの本を、読もう、と仰有っ

ていた。

 過去のことを知ることによって、未来にどう動くべきかを自分で考えることに繋がる、

ということです。

 

 全編を読んでみて、著者一人の自分を二人にした対話方式の哲学を読んでいるように感

じました。

 この本自体にも、「大不況には本を読む」ことが、ずばりどう良いのか、どの本を読め

ば良いのか、という回答は書かれていませんでした。そういう書き方こそが、哲学であり

文学なのですから。回答を探すことは読者に任されているのでしょう。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

歩いてきました。。。 [近況…]

 もう、年末ですね。。。

 今年は、思うような成果を得られなかった。

 そう思いながらも、「継続は力なり」を信じて、気晴らしに公園を歩いてきました。

DSC09351.JPG

DSC09352.JPG

DSC09362.JPG

DSC09365.JPG

 久しぶりに歩きました。。。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

村上ポンタさんのアドバイス(追記あり) [ラフに語る、つれづれ記]

 村上ポンタ秀一さんも、ドラムセミナーを開かれていて、その動画をユウ・チューブで見ることもあったのですが、

村上さんが仰有る、グリップの方法も、それも有りかな、と最近思っています。

 スティックの支点をささえる持つところを、村上さんは、第二関節で握ってはどうか、と言われています。

 多くのドラマーの場合、指の第一関節と親指で握って支点をつくられるのですが、確かに、この方法だと、握らなくていい力が常にはいってしまってダブルストロークにいくための跳ね返りを期待したスティックの動きにはなりません。

  いかに、さりげなく、第一関節でも握れるかということが問題です。

 それも、練習によっては習得できますが、

やはり、第二関節で支点をもたせる握り方だとスティックの動きを自由に、スティックに思う存分跳ねてもらうことができます。

 村上さんの言ってることは当たっているなぁ、と思います。

 追記 

 全編、記事に誤りがありました。

 村上さん、第二関節で持つことではなくて、マッチドグリップの際に、手の甲を上にする持ち方を推奨されています。その持ち方だと、やはり革の跳ね返りを充分に活かすことができます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年もお世話になりました。(エエ~、まだクリスマスも来てないのに…) [近況…]

 家族に頼まれて、年賀状を印刷しています。

 表書きも頼む、と頼まれて、引き受けたはいいものの、郵便番号やら住所やら登録しなくてはいけないのでてんてこ舞いです。

 今年は、何と言っても、一時完全にブログを閉鎖してしまって、URLを変えてしまったので、その後お客さんを取り戻すのが大変だったということが言えます。

 年末の忙しいなかで、友人の家に寄る途中で、虹を発見しました。

 昨日か一昨日の写真です。

DSC09345-a.JPG

DSC09347-α.JPG

DSC09348-α.JPG

 忙しいなかでの、心あらわれるひとときでした。

 来年は卯年。

「兎」の検索でいっぱいひっかかってくれると有り難いのですが……。

 

 原稿の方は、現行の執筆中のはまだ完成していません。

 来年の一月末ぐらいに、一応脱稿かな。。。

 

 コメントを、ソネットブロガー以外受け付けない設定にしていて済みません。

 みなさまから、沢山のコメント書き込みをされている状況をアクセス解析で確認しております。

 来年も、よろしくお願いしますね。(って、まだ早いか)

 では、また、年越しの折に。。。(^。^)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『先見力 老いてこそ至福』読了(追記あり) [最近、読んだ本]

 竹村健一さんの『先見力 老いてこそ至福』を読みました。

先見力 老いてこそ至福

先見力 老いてこそ至福

  • 作者: 竹村健一
  • 出版社/メーカー: 青志社
  • 発売日: 2010/05/11
  • メディア: 単行本

 例によって、感想は、追記をお待ちください。

 

   追記・感想

 

 『ルック・ルックこんにちは』の世相講談(名称が間違ってたらごめんなさい)や、日

曜朝の政治討論番組などの名司会ぶり、新奇な切り口による論評などが印象に残っている

竹村健一氏だが、氏も今年で八十歳を迎えられたという。

 

 この本に書かれていたことを短く要約するとすれば、中高年以降、肩の力を抜いて、自

分の興味の向くことに邁進して人生を愉しもう、という50代以降の諸氏に向けたエール

だと言える。

 60歳前後で定年を迎えるのだが、その後の人生も今や永い。没頭する趣味の一つもな

く家で嫁の家事を気を利かせて手伝うだけ、などとなったら、結局嫁にもうざったがられ

る。

 時間もお金もある定年後の生活。

 とくに、他人のために尽力する活動などをされてみては如何か、と。たとえば、NPO

などに登録して活動することなどだ。

 また、ライフワークのようなことをされてはどうか。伊能忠敬は晩年になってから幕府

に働きかけて協力を得て全国地図を完成させたことなども紹介されて促さられる。実際の

氏の知りあいの例では、地方新聞(でなかったかも。詳細は本編を)に、ある事がきっか

けで記事を書くようになり、そのテーマに自らがとりつかれて長年に亘り同じテーマの記

事を担当されている人も居られる。

 

 竹村氏は仰有る。「自分の好きなことをしてきたから」長く邁進できたのだと。

 竹村氏の仕事は、評論、執筆、講演、テレビ出演と多く、しかも、一分野だけの評論を

される訳ではない。分野は多岐にわたる。評論家は、その道に詳しい人が多いが、竹村氏

は、ご自分ではどの分野にもそんなに精通している訳ではない、と仰有る。謂わば、ゼネ

ラリストなのだ。詳しい人から、その場で知識を引っ張ることによって、討論、評論がで

きあがっていく。

 

 読んでいく内に、特に強く感じたのだが、若い内から英語を習得されていることが、色

んな人生の岐路や仕事そのものの場面で有利に作用している人生だと思った。

 

 独学のピアノ、勉強(氏は勉強というとらえ方よりも、学習であるべきと仰有るが、一

応、意味を伝えやすいためにここでは勉強とする)して身につけた英語力、留学体験、講

師の資格を持つまでに研鑽を積まれたダンス、こういうものが、若い内の竹村氏にはあっ

た。そういう武器があることによって、ここぞというときに人生が拓けている。

 それでも、何かを始めるのに、決して遅すぎるという事はない、と仰有る。

 ソニー会長の盛田昭夫氏とは長年のご友人関係。その盛田氏に勧められる形でテニスを

始められたのは50代になってから。スキーもスキューバダイビングも、盛田氏であった

かどうかはちょっと忘れた(私が)が、ご友人の薦めで始められている。

 

 何事も愉しんでやらないと長続きしない。と仰有る。テニスもスキーも、ウォーミング

アップをしないでいきなり打ち合いをする竹村式。

 

 なぜ、50代以降にターゲットを絞って書かれているのかと云えば、丁度その頃から、

定年が見えてくる年だからだろう。管理職などのポストにまわって、同じ就労と云えども

身体の負担が楽になる。時間の拘束も減ってくる。

 この時期に、定年後も活き活きと生活できるように、少しずつ何かを始めよう、と仰有

る。

 再就職ということでもよい。

 団塊の世代は、層が厚いので、しかも身体がタフなので、充分な働き手としてまだまだ

期待できる、と仰有っていた。

 遊ぶから余計働く。しかし、無理な残業を会社のためと思ってするよりは、就業時間内

で仕事を終わらせて、趣味やライフワークの研鑽に充てよう、と。

 竹村氏の場合は、若い頃、よく休日出勤をされたそうである。その理由は、平日に代休

が欲しかったから。映画館や娯楽施設やデパートも休日に行っては、人が多くてのんびり

とは楽しめない。だから敢えて、休日出勤して平日に代休をとる。休日の仕事は、会社へ

出ているのは自分だけで、しかもノルマのかかった仕事ではないので、読書をされていた

という。この例でも分かるように、竹村氏は、「人と同じことをするのが嫌い」。私もそ

うかな、と思った。さらに、「人の言うことは聞かない」。これは大事な考え方だと思う。

人から奨められるままにやって、成功したときはよいが、失敗したら「あいつが言ったか

らだ」と他人の所為にしてしまうからだ。

 

 全編を紹介する訳でもないので、少し話題がずれるが、書かれていたことを紹介する。

 「親友を持て」ということ。

 竹村氏は、生涯の友と思える実に気の合う親友、何人かのおかげで自分が知らない世界

への見聞を広めることができた、と仰有る。

 また、お茶のみ友達でもいいから異性の話し相手を持て(これは、この本じゃなかった

かもだが)、とも書かれていた。

 幾つになっても異性に胸をときめかすことが出来るのが、若さ・やる気の素なのだ。

 

 書評というほどには感想が体系的にまとまっていないが、これでペンを置くことにする。

 読みやすい本で、どこかに得るところが必ずあると思うので、本編を読んでみてくださ

い。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最近のテレビのニュースは…… [ラフに語る、つれづれ記]

   最近のテレビのニュースは

 

 まず、何故、ニュースに予めつくった(編集した)動画が流れるのか。

 動画が流れることはいいとしても、そこに、何故、ナレーターの声が入るのか。

 明らかに、ナレーション専門の人の声である。(ナレーターを雇っているのか。ニュース番組なのに。ワイド枠のニュースショーではないのに)

 動画を流しながらでも、アナウンサーかキャスターが全原稿を読んだらいいのではない

か。

 それから、何故、ニュースがドラマ仕立てになっているのか。

 ストーリーを時間をかけて視聴者とともに追うように創られている。

 

 もっと別のことで気になるのは、アナウンサーの日本語が変な点である。

 数を数える語句の、濁音で発音するか濁音にしないかの精査ができていない。

 たとえば、鳥の数の場合、600なら、600羽(っぱ)である。そこを(わ)と発音

していたりする。

 勿論、言葉は変化するものだから、変わっていってもよいのだが、日本語の趣を崩すよ

うな変化はない方がいいと思う。

 美しい女性アナウンサーだったら許せる、と私自身も思ってしまうのだが、そこを許す

と曖昧な発音が定着してしまうことになる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

随想 [ラフに語る、つれづれ記]

【この記事は、個人的見解にすぎません。そうご了承の上、読んでください】

 よっぽど、人と飲みたかったのでしょう。

 淋しかったのではないですか。

 

 しかし、海老蔵も、人を選んで一緒に飲まないと……。

 そんな、元暴走族の人とかと飲むのなら、当然、いつハチャメチャなことを言って自分

を殴ってこないとも限らない訳です。(誤解のないように。その当該の相手がどのような人であったのかは私は知っていませんので、常識の範疇で推測しているに過ぎません。もしかしたら、とっくに足を洗って更生している人かも知れませんが)

 自分の腕力では相手にかなわないことは分かっていたのでしょう。

 そうなれば、最初から相手を酔わせてしまおうか、という作戦に出るのは当たり前。

 

「俺は、歌舞伎界をしょって立つ人間なんだ。(お前らとは違うんだ)」

 この台詞も、先に相手を凹ませておくための言葉ですね。

 荒くれ者と一緒に飲んでいたら、先に一発かましておかないと、自分がやられますから

ね。その予想は海老蔵にも有ったのではないでしょうか。

 

 灰皿にテキーラ。

 当然、相手を先に足にこさせるための手ですね。

 

 もっと、飲んでて楽しい、レベルの高い相手は居ないのか。

 いくら、その日急に飲みに行きたくなっても、そんな相手と飲むのが間違いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感