So-net無料ブログ作成

バスケットボールの思い出ーーー8 [ラフに語る、つれづれ記]

   リバウンドが重要!

 シュートって、入らないときは入らないんです。

 フォームも固まってきていて、打てば必ず入るという自信に満ちていたとしても、

スランプになって、決まらなくなることがあります。


 そこで、重要なのは、味方のフォロー。

 外れたシュート。リングに入らず落ちてきたボールを、誰よりも早く、高い位置でとる。

 これが、リバウンド。

 味方が入れ損なったシュートを、リバウンドをとって、再度確実に入れる。

 これで、得点率は、グッと上がります。


 一方、敵であった場合も、リバウンドをとることは重要。

 リバウンドをとれば、敵が攻撃のために自分たちの守るゴール付近に集まっていた場合、がら空きの攻撃の先陣へパスを送れます。

 リバウンドをとるのに、背の高さとジャンプ力はあったほうがいいですが、

もっと重要なのは、ジャンプするタイミングです。

 人間、空中で静止は無理なのですから、

リングにはじかれたボールが落ちてくるタイミングで、丁度、自分が高い位置にまでジャンプしていれば、とれます。


 シュートが入らなくて、リバウンドの取り合いをする、そういう図が、見ている観客としても面白いところです。

 それでは、また。

スポーツ用品 XEBIO
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1