So-net無料ブログ作成
検索選択

バスケットボールの思い出ーーー6(バスケットシューズ) [ラフに語る、つれづれ記]

 

 部に、僕と同じくらい背の高い部員で、しかも男前という奴が居たんです。

 僕も男前でしたが、彼は、僕よりも、もっと洗練された男前なわけです。

 目元が涼しい。すこし吊り目気味の、体型も細い男前です。(僕も当時は細かったんですが。僕の場合、細いというより痩せすぎでしたね。178センチの54キロでしたから)

 彼は、『スラムダンク』に出てくる流川くんのような風貌でしたね。

 

 彼は、運動神経もいいのです。

 その彼が、

「オイ、山雨(ホントは本名)。ここからシュートして入ったら、ナンボくれる?」

 と、僕に訊きました。

 オールコートの長い方の端から、反対側のゴールにシュートすると言うのです。

「それは、無理やわ。届かへんて」

「もし、届いたら、どうする? それで、もし入ったら。一万円くれるこ?」

「わかった。一万は出せへんけど、八千円やるわ」

 その言葉を聞くが早いか、彼は、野球のボールを投げるように、片腕で投げました。

 ゴールのボードに当たって、そのままリングに、スポット!

 入ってしまいました。

 

 その後、

「知らん。そんな約束したかな」

 と僕は逃げました。

 恐るべき奴です。

AND1 バスケットシューズ TAI-CHI MID D759MWC ホワイト×イエロー×ブラック
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

山雨 乃兎

>kkkkさん
ナイスを有り難うございます。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2012-08-19 02:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0