So-net無料ブログ作成

バスケットボールの思い出ーーー4(バスケットシューズ) [ラフに語る、つれづれ記]

 

   恋愛

 ありましたね。

 一年(一年でやめたのですから当然ですが(笑))のとき、同じバスケ部の同級生(男子)の自宅に、試験中だったので、試験のあとに寄ってまして(部活はお休みだったのです)……。

 彼が、おもむろに、こう言うんです。

「山雨(ホントは本名)、誰か好きな女子、居らへんのこ?」

 と。

「そりゃ居るけど、何で、お前に、そんなこと言わないとあかんねん」

 と返したわけですが、同級生、食い下がります。

「誰どい? 誰にも言わへんがい。言うてみい」

「ホンマに誰にも言わへんこ?」

 と、誘導尋問にひっかかって、意中の女子の名を告白。

「そうこ。あの娘こ」

 背の高い、女子バスケ部の娘でした。

 背が高いので、意識してちょっと猫背になっていたりしてね。そこがまた可愛いのです。

 身体はむちむちで、胸も大きいし、美形の娘でした。

「よし! 今から、電話せえ」

 と、同級生は言います。

「ええ? 何でどい。 そんなん出来るかいや」

 と返すものの、同級生はまだ、食い下がる。

「電話するだけやがい。 そんな、緊張すんな」

 結局、その場(彼の家)から、彼女の家に電話しました。

 

 それが……。

 お父さんらしき人が電話口に出たので、

「あの、僕、同じ高校のクラスが一緒の**ですけど、**さんは、いらっしゃいますか」

 と電話で話す。

「ええ? 何? ああ、*子か。 ちょっと待ってよ」

 と待たされて、

「ごめん。 今、風呂はいっとるわ」

 と言われて終わりました。

 

 その後も、同級生とは別行動のときに個別に彼女の家には電話しましたが、

三度とも、「風呂にはいってる」ということでした。

 たしか、最初に電話した日は、部活動が休みのテスト期間か何かだったのです。

 電話したのは、昼の2時頃でした。

 何で、そんな時間に、「風呂」に入ってるんでしょうか。

 その後も、個別にアタックしようと彼女を呼び出そうとしたのですが、同女子バスケ部の他の女子に阻まれて実現せず、現在に至っています。

 淡い思い出ですね。

 では、また。(^。^)

JK105 Jordan 2.5 Team 5/8TH バスケットシューズ 黒黄緑
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

sakamono

そんな時間に「風呂」に入ってるワケないですよね^^;。
携帯があるから、今の高校生は、こういうコトを経験できないんでしょうね。
by sakamono (2012-08-11 14:53) 

山雨 乃兎

>sakamonoさん
ない、ない、それは嘘ですよ。お父さんのガードが堅かったですね。
今の時代は、番号やメアドを知ればダイレクトなので楽ですね。
また、お寄りしますね。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2012-08-12 09:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0