So-net無料ブログ作成
検索選択

楽器購入ガイド(ドラム編) [楽器説明]

 どんな楽器を選んだらいいのか。

 それを、ご教授いたします。

 まずは、自分の本業のドラムから。

 フュージョンやジャズの同じバンドの他のメンバーに遜色ないプレーをするには、小さいタムタムと充分なセット点数、そこで、このセットはどうでしょうか↓

ドラム・セット フュージョン 5P REMO Head LREMGS0951BZ

 リンクの画像が小さかった。

 それでは、画像でわかりやすい、このセットは、どうでしょうか↓

 同じ四点セットでも、これくらいの価格のものを買わないと、シンバルがちゃちい。ちゃちい、というのは、音が薄っぺらいということである。

 廉価で、且つ、フュージョン向けのセットということになれば、タムタム10と12、バスタム14と16、スネア深さ5.5インチでダブルバスという、このセットはいかがだろうか↓

 

 充分なパフォーマンスを発揮する!
 フットペダルやシンバルだけを、後で変えればいいのである。
 フットペダルは、私の経験上は、TAMAの、価格でいくと中クラスのがいい。軽いので速く動く。
 シンバルは、Aジルジャンを、試打して買えば、ばっちりである。
 シンバルを買う(本格的なものに買い換える)ときには、試打できる楽器店に行こう。

  上記セットで廉価なのである。ドラムの場合、点数が増えると総額が上がる。しかも高級な単体ばかりでセットを組むと、60万はするのが普通であるからだ。

 ハードロックやヘヴィイメタル指向なら、ドラムのサイズは、バス22インチ以上、出来れば24や26がいい。スネアは深胴6.5以上、タムタムは最低でも12インチから流して、13インチ14インチでもいいくらい。バスタムは16か18。二つ並べるのもいい。

 ハードロックなら、胴はメイプルの素材がいい。
 足回りは、そのメーカーで一番高級なものを用意すると、頑丈なのでパワフルな演奏にも耐える。

 話が、フュージョンやジャズに戻るが、スネアは、断然ブラス素材がいい。

 こんな音が、木製でない胴のスネアで出るのか、と思えるような深い音が、ブラス胴のスネアからは出る。それも、革を充分になじませてからだが。

 こちらをお薦めする↓

 ↑これを買えば、完璧である。

 やっぱり、ブラス胴は、ヤマハでないとね。尚、リンク先で、ブラス胴かどうか、よく確認してから購入されることをお薦めする。

 おおよそ、スネアドラムのなかでは、ブラスの材質の胴のスネアが私の経験上、一番よい。

 たとえば、廉価な四点セットを使っていても、スネアだけ、これに変えると、そのレスポンスの違いに驚くはずだ!

 ドラムの肝心はスネアである。

 そのスネアが充分に鳴っていると、他のタムタムも鳴っているように錯覚させられる。

 安い木胴のスネアとは雲泥の差だ。

 ドラムは、そんなに高いセットを始めから買う必要はない。

 セットで四万円ぐらいのものでも、それで練習すれば充分で、しかも、コンサート(本番)のときには、アンプを通すので、多少鳴りがわるくても音響でカバーしてもらえる。

 楽天やバリューコマースや、メーカーのサイトに行って、廉価なセットを選ぶとよい。

 ただし、高級な楽器は、素材がよいので、鳴りがぜんぜん違う。

 同じバンドのメンバーと練習していても、高い楽器だと、弱いショットでも充分な鳴りを表現できるのだ。

 バンドのメンバー全体のやる気も上がると思う。

 最後に、エレクトリックドラムを一点、紹介しておこう。

 住宅事情から、大きな音のする楽器を家で練習できない向きもあるだろう。

 限りなく生楽器に近い革(ヘッド)のレスポンスで、ヘッドホンから、或いはアンプを通してから、音を愉しむのには、エレクトリックドラムが一番である。↓

 【追記】すまない。このタイプはゴムヘッドなので、感触は革ヘッドを叩くのとは違っている。
 エレクトリックドラムを使う場合でも、革ヘッドのドラムも併行して練習することをお薦めする。
 ↑これだけの点数があれば、充分である。

 各パーツへの移動の練習にもなる。

 ドラムは、革で音質が決まる。正確には胴の鳴りも大事だが、たとえ胴が高級でなかっても、革が高級で充分になじませてあればそれなりの音は出る。

 REMOやラディック(今は、生産されてないかもだが)の革を張って、最初は張った状態で体重をかけて革を踏むなどして徐々に革をならして、充分なレスポンスのある状態にもっていってほしい。

 シンバルに関しては、昔はパイステというメーカーがよかったが、今はなくなっているので、セイビアンやジルジャンのシンバルを、是非つかってほしい。

 ヤマハやパールでも、少し値の張るシンバルも出している。これも中堅演奏者までには充分な音が出る。

 最後に、そんなにお金はかけられないが、情熱はある、という人のために、廉価なセットを紹介しておこう↓

 ↑思い切り廉価なので、多少鳴りがわるくても、システムの固定が不安定でも、そんなものだと思って使ってもらいたい。(充分、ドラマーを目指す登竜門にはなるはずだ)

 では、これで終わる。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

山雨 乃兎

>xml_xslさん
ナイスを有り難うございます。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2011-12-28 00:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。