So-net無料ブログ作成
検索選択

『ジャズ喫茶ハラダ』上 [自作原稿抜粋]

DSC02438-31f47.jpg  

 ジャズ喫茶ハラダは、夕方から客が増える。

「マスター、お代わり」

 浜口義人は、もう、ぐだぐだに酔っていた。

 無精で伸ばした髪の中に、面積の小さい四角い縁なし眼鏡のレンズが光っている。

その奥の瞳は潤んでいるのだが、誰もそれには気がついていない。

「帰れるのか?」

 マスターの原田は、口では、もうそれ位にしておけと同義の疑問文のイントネーシ

ョンでそう言いながらも、浜口の前に新しい水割りを置く。

「夏も終わったのに、なかなか寒くならないね。やっぱり温暖化かしら」

 浜口の一席おいて左のカウンター席に座った女が、マスターの原田に向けてそう言

った。

 近畿中部の、田舎とも都会とも言えない人口五万人ほどの先頃、市町村合併して面

積だけ大きくなった緑山市。その郊外の田園地帯にぽつんとジャズ喫茶ハラダは建っ

ている。

 外面、スレート葺きで、骨格は太い木の柱で二階建て。二階にマスター夫婦が住ん

でいるが、店の空間は、住居と壁一枚隔てて一、二階ぶち抜きの吹き抜けのような高

い天井で太い梁が通っている。倉庫のなかに居るようだ。否、柱の匂いがつんと鼻を

さすので、日本の倉のなかに居る感覚と言ったほうが合っているかもしれない。

 深夜の十一時半だ。

 法律では、十二時以降、営業してはならないのだが、原田はいつも、客を引き留め、

午前二時頃まで酒を出す。表向きには、十一時半でオーダーストップにして、店内に

居る客だけをとどまらせて語り合い、さらに自らも飲むのだった。

「マスター、この人、大丈夫なの?」

 右隣の浜口を目で示しながら、女が、原田に言った。

「いいの、いいの。浜ちゃんは、いっつも、こんなんだから」

 

 浜口義人は、自分の頭の影のなかで何かを弄くっているようだった。

 水割りのグラスは、一杯のままで彼の前のコースターの上にある。

「あー、夏も終わったし、何か淋しいね、マスター」

 女が言う。

「キヨちゃん、どした? 別れた?」

 と、原田が応える。

「別れたって……、私、つき合ってるとかもマスターに言ってないよ」

 女は、水割りを一息に呷る。

「つき合ってたの?」

「だから、つき合ってるとかつき合ってないとか、言ってないでしょ」

「じゃあ、別れてないんだ?」

「いや……、それは……」

 女は、原田の戦術に嵌ってしまった。

「清美さん、正直だから、すぐ言っちゃうのね?」

 原田の奥でコップを洗っていた、原田の妻の奈津子が、要所だけ会話に混ざってく

る。

 関口清美というその女は、銀色のシガーケースからパーラメントという煙草を一本

抜きとって口に轡え、ガスライターで火をつけると、一息、吐いた。

「そうです! 別れました! 私は!」

 少し自棄になって清美は認めた。茶色のコートの袖から金のブレスレットと華奢な

時計が覗く。

「いててててて、とれない。どうしよう?」

 右隣で浜口義人が急に声を挙げた。

 が、清美には、浜口の手や顔が見えないので何の事だか分からない。

 浜口は、長髪の影に手元も風貌も隠してしまっているのだ。

 原田は、我関せずという風に、カウンターのなかに立ってショートホープを吸って

いる。

「浜ちゃん、後でいいやん。酒、酒、先に飲みぃよ。氷、溶けちゃうって」

 原田は、すぐ向かいにカウンターを挟んで浜口に言う。

「あー!」

 と、浜口は呻き上体を起こしながら両腕を展開という感じに広げた。

 ガラスの砕ける大きな音がした。

 カウンターを滑って、浜口のグラスがスタッフ側の床に落ちて割れたのである。

「あー、ゴメン!」

 浜口が原田にあやまる。

「いいよ、いいよ。又、創るから」

 原田は笑って浜口に返す。

 奈津子が手早く、破片を片づける。

 清美は、浜口の左手に白く光る指輪を見た。

「あの…、指輪が抜けないんですか?」

「そうです」

 浜口はそう言ってから新しい水割りを舐めるように、少し飲んだ。

「浜ちゃん、……あんまり、従業員からお客さんに、言うことじゃないけどさ、……

もう、嵌めない方がいいよ」

 原田が、声を小さくして諭すように言う。

「わかってる……」

 浜口は、そう言ってから、眼鏡をとってレンズをハンカチで拭った。

 男の頬骨の上が湿っているのを、清美は初めて知った。

DSC03208.jpg

「石鹸で、とれるかも」

 と、清美が浜口の顔を見ずに誰に言うともなく呟いた。

 浜口は、マスターの原田に促されるままに、左手をカウンターのさらに奥へ差し出

して、原田が洗剤の泡をつけて、ひとしきり指輪を引いたが、指輪はとれなかった。

 第二関節の奥できつきつに締まり込んでいる。

 とれないまま、原田が浜口の左手をタオルで拭いた。

 ぼおーっとしながら、皆、水割りを飲んだ。

 テーブルの客は、それぞれの話しに夢中である。

「浜ちゃん、指輪したいから、つけたんでしょ? 嵌めたままでいいじゃん」

 原田がそう問う。

「いや、外す。……家に帰って何とかする」

 と、浜口が言う。

 それから、浜口は、床下に置いていたショルダーバッグを膝に上げ、手帳を出して

ペンで何かを書きはじめた。

「ガスで炙ったら、熱で膨張してとれるんだけどなぁ」

 と、清美が言った。

「おいおい、怖い事、言うなぁ」

 と、原田。

「アンタ、死人とくっつくつもり? 死ぬつもりなの!?」

 清美は、見抜いていた。

 浜口は、初めて、その女、清美の目をにらんだ。

「何を言うねん。初対面で! アンタにそこまで言われたーないな!」

「あー、怒る元気は有るんだ?」

 浜口は、左手の指を、カウンターの上で握り固めた。

 少し、腕が震える。

「女ぐらい、いくらでもつくりなさいよ」

 浜口は、清美には言葉を返さず、水割りをさらに飲んだ。

 から揚げやステーキをつまみながら、浜口は、さらに飲んだ。

 生牡蠣を食ったりしながら、清美は、水割りをワインに換えてさらに飲んだ。

 ウィントン・マルサリスのLPが一枚終わり、次にかかったマイルス・デイビスの

Lpも終盤にさしかかっていった。

 

 浜口義人の指輪については、「ニッパで、切ってしまおう」と清美が提案し、原田

もその意見に同調して浜口に囃したてた。

 奈津子だけが、「ご自分のことだから、他人の意見で簡単に決めたらイケンわ」と

言った。

「よく、昔、付き合ってた人のプレゼントした物なんて、全部捨てる、とか処分する

とか言う人が多いけど、私は、その反対の意見やし、私自身も、そういう物、とって

置いてるんです。…よく、それで、今の相手、苦しめるとか言ってですけど、そうは、

私は思わない。大事な思い出ですもんね。それ位で、嫌う相手ならその人の性格の方

が問題あると、私は思いますもん」

 と、原田奈津子は言うのだ。

 結局、自分で決めたらいい、という事になって、その話しは、一旦終わったのだっ

た。

 マイルス・デイビスのLPが終わってMJQのLPになった。スティーブ・ガッド

がメンバーの時のその初期のLPだった。

 午前一時半を回り、テーブルに居た客は皆、帰ってしまった。

 ごおーという音がジャズ喫茶ハラダを包んだ。

 豪雨が降り始めたようだった。

「11月で雨か……、地球はどうなっていくんだろうね?」

 清美がぽつりと言った。

 夏が終わったなどと言い合う季節ではないのだ。本来は。

 鈴虫の声も消えていた。

「温暖化なんて、人間がさわいでるだけで、星である地球から観たら二酸化炭素排出

規制なんて、大した問題やないよ。……人間が困るからやってるだけで、例えば、マ

グマの活動を活発にしたら、人間なんて一日で滅んでしまうわ。……人間は、おこが

ましいねん。特に最近」

 と、浜口が清美に向いて言った。

 清美は、しばらく目をまるくしていたが、

「最近なの?」

 と、浜口に返した。

 

「アンタ、何してる人?」

 清美があさりのバター蒸しを口に運びながら浜口に訊く。

「仕事はしてない。ここ二年くらい」

 と、浜口は、水割りを置いて、セブンスターを右手にはさみながら応える。

「お金、困らないの?」と、清美が訊く。

「キヨちゃん。あんまり、それは言うたらんと……彼自身、自覚してるから」

 と、原田が流しの奥から口を挟む。

「アンタこそ、何してるの? 仕事は?」と、浜口は言い、「それに、人に色々訊く

なら、まずは自分が名乗るもんや。違うか」と続けた。

 清美は、革ベルトの腕時計を外してカウンター面に置いてから、

「ああ、ゴメン。いや、すいません。……私、関口清美。仕事は事務のパート」

 と言った。

「そうか。……僕は、嫁が死んで脱力してもてな。それに、健康が優れへん。せやか

ら、細々と、貯金くずしながら小説書いて過ごしとる」

「そう……余分なこと言って、ごめんね。……アタシ、アンタが普通の会社員かと思

って訊いてしまったの。気ィわるうせんといて……」

 浜口は、髪は長くて少し乱れていたが、清潔感のある身なりをしていた。顔色は白

く、ウールのこげ茶のブレザーも細い身体に似合っている。

「事務職て、一日中事務所におんのか。しんどいないか。ワードとかエクセルとかで

きんの?」

 浜口は、黴のついたチーズを口に運びながら訊く。

「いやー、私は、パソコンは全然。……他の正社員の人がやっとるわ、それは。……

アタシ、派遣だし、一日中じゃないよ六時間」

 しばらく言葉が止まって、二人は、それぞれに酒を飲んで肴を食っていた。

 浜口は、一旦、ハイネケンに切り替えた。

「ところで、歳は、何歳なん? 言いたくなければ大体でいいけど。僕より上かなぁ」

 清美は、えびす顔になってワインで頬をふくらませてから、

「三十代、とだけ言っとこうか」

 と言った。

「僕も三十代やで。後半?」

「そう、後半」

「独身なんですか」

「そう独身。……縁遠いから」

 僕も、同じだ、縁遠いというカテゴリーに含まれている、と、浜口は思った。

DSC03212.jpg

「マスター、僕、指輪、切るわ」

 浜口が長髪を指で後ろに梳きながら言った。

「ええのか?」

 

                                                           『ジャズ喫茶ハラダ』下へ              


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0