So-net無料ブログ作成
検索選択

第一回、東京家出の記ーーー16 [自作原稿抜粋]

 圧延所の仕事では、もう少し残業をしてくれないかと打診され、六時に仕事を終えてから、隣

の工場で二時間働くことになった。

 といっても、仕事の内容としては相変わらず、ラインのモーターの制御ボタンを押すことがメイ

ンだった。

 ある日、休日出勤して、件の工場で雑用をしていた。

 精製ラインから外れて、出来た失敗製品をガスバーナーで切断していた。

 ラインは一時的に止まっていた。

 ラインの位置から、派遣社員の人が、不良品をペンチで摘んで外に投げた。

 あろうことか、その鉄棒が、僕の向こうずねに当たった。

 鉄の切れ端といえども、まだ少し熱を持っている状態のものだ。

 鉄は重いので、弁慶の泣き所はかなり痛かった。

「休みに仕事すると、余計なこと(問題)が有るもんだな」

 と、他の正社員たちは言っていた。

 鉄を投げた人は、「ごめんごめん」と言っていたが、

怪我の部分は、青あざができていた。

 数日すると、痣の内部が疼くようになった。

 熟れたトマトのように。

 傷もあった。

 骨も凹んでいる。

 これは、膿んでしまってはいけない、それに、骨に異常はないのだろうかと思った僕は、

休みをとって、病院に診てもらいに行った。

 僕としては、どこの病院がいいのか、家出人なのでさっぱり判らない。

 それで、有名な大きな大学病院にした。

 慶應義塾大学付属病院。

 病院に向かう電車のなかで、僕は、フォーカス(写真週刊誌)をかじり読みした。

 丁度、夏目雅子さんが、白血病の治療のために、同病院に入院されていた時期だった。

 可哀想になぁ、と思った。見下した同情ではない。

 治療もきついだろうし、白血病とは、その当時治る見込みの薄い病気だったし。

 僕は、角川が作ったドラマの『西遊記』が好きで、夏目雅子さんにも惚れていた。

 さて、整形外科で、受付をして待っていると、

フルフェイスのヘルメットを小脇にかかえた太った人が、待合室を超えて診察室まで勢い込んで

はいっていった。

 中の会話は丸聞こえだった。

「先生! 急患なんです。すぐ診てください」

「急患てね、急患だったら救急車でくるでしょ。きちんと受付して、待合室で待ってください」

「そこを何とか、診てもらえませんか。本人、大分痛がっているんです」

「ですから、緊急じゃない限り、特別扱いはできませんよ」

「何とか、先生! お願いします! ホントに急患なんです」

「で、どんな状態なんですか」

「ええ、腰を打ちましてね。酷い本人は痛がってるんです」
(この部分正確な記憶でないので、ご本人の症状と違っているかもです)

「じゃあ、分かりました。診ますよ。それで、お名前は?」

「北野武です」

 待合室で待ってる患者全体に含み笑いが起こった。

 たけし軍団のメンバーだった訳である。

 武さんは、たけし軍団三人ほどに脇をかかえられ、診察室に入った。

 ほんの数分で彼は、また、軍団の人たちに身体をささえてもらって診察室から出てきた。

「おい! なんか、ケツに大きな注射されちまったなぁ。大丈夫なのかな」

  と、武さんは言いながら、整形外科をあとにしたのだった。

 当時、僕は二十二歳だったので、二十三年前の出来事である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0