So-net無料ブログ作成
検索選択

第一回、東京家出の記ーーー13 [自作原稿抜粋]

 仕事にも慣れてきた。

 本来、一時間の残業を含めて六時に終わりだった仕事も、もう二時間残業してくれ、と頼まれるようになった。

 沖縄から出てきた出稼ぎの意味で仕事をしている中年の人には、よく訊かれた。
 (出身地が思い込み間違いでした)

「**、何で、地元で仕事を探さないだ」

 と。

 その人には、僕は、ドラマーになりたいから東京へ出てきた、ということを何度も言ったが、

信じてもらえなかった。

 地元できちっと就職する以外の生き方があるなんて、その人には想像もつかなかった事なのかも知れない。

 池袋へよく出かけるようになった。

 週末に、埼京線に乗って、B君やP君と待ち合わせした。

 その日も機嫌良く、池袋で飲んで、一晩中東京を巡り歩いた。

「山雨(ホントは本名)、東京の名所に案内してやろう」

 と、B君が言って、

サンシャイン60の麓まで案内してもらった。

 夜明かしした三人は、早朝から開いているコーヒーショップに寄った。

 Bくんは、市場の仕事なので、一晩徹夜が相当こたえたらしい。

「オイ! P、煙草の煙を俺に向けて吐くなよな。」

「じゃあ、どういう風に吐けばいいんだよ」

 B君は、口をすぼめて煙を吐いた。

「こういう風に、横に吐くんだよ」

「分かったよ」

 睡眠不足で、三人の雰囲気が険悪だった。

 それから、僕は、寝ずのまま、圧延所の寮に戻った。

 朝から仕事である。自分が遊んだのだから言い訳できない。

 始業より、大分まえに、埼京線で寮に戻った。

 部屋に入ると、誰も居なかった。

 二人部屋で、先日から青森から出稼ぎに出てきている若い(十代後半の)男と相部屋となったのだが……。

「済まん、こんな早くに」

 と、言ったが誰も居ない。

 次の瞬間、寮室の引き戸が開いて、

彼がはいってきた。

「済まんなぁ」

 と言い終わる間もなく、

おれは、相手にどつかれた。

 ーーーゴンンゴンゴンゴン! ドタドタドタドタドタ!ーーーー(擬音で申し訳ない)

 奴に胸ぐらを掴まれて、寮室の外側の窓まで押しつけられる。

 四五発は、相手のパンチをくらった。

 いきなり殴られて、おれは戦闘態勢でもなかったので、必死で相手をなだめた。

「どうしたんや。理由を言ってくれ」

 それでも、まだ相手は殴ってくる。

「ちょっと待て! 説明してくれ」

 と、おれが言うと、

 ようやく相手は説明を始めた。

「お前! 俺のジャケット、盗ったやろ! 時計も!」

「何のこっちゃ! おれはオマエの物なんか盗ってない!」

「嘘言え! 後ろめたいから、遠出しつてんやないのか!」

「何で、おれが、そんな事すんねん。第一、おれは、自分のブレザーかて持っとるがな。……ちょっと待ってよ」

 おれは、そう言って、自分の荷物置き場のスペースを確認した。

 オリエント社の時計が、ベルトが引きちぎられて、そこにあった。

「ホラ、見てみい。おれの時計、昨日、別のを嵌めていったけど、こっちはベルトが切られとる。おれも被害者や! 大事なモン全部持って動いとってよかったわ」

 ようやく、彼は事情を飲み込んだ。

 流れ者の男、最近、寮にはいってきた男が、どうやら寮内の貴重品を荒らしまわって逃げたらしい。

「俺、お前に済まんことした。もう、ここには居れない。他の派遣先いくわ」

 と、彼は言って、本当にその日の内に寮を出ていった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。