So-net無料ブログ作成
検索選択

『第一回、東京家出の記』ーーー9 [自作原稿抜粋]

 杉並での生活にも大分慣れてきた。

 まだまだ、哲学科の大学生の先輩の後について回るだけで手一杯だった。

 所長と、どれだけルートを覚えたかを確認される行程に出た。

 新聞屋の仕事の場合、次の配達先への地図というのが、ト(隣り)、とかY字とか、ハス(斜向かい)、1ト(一軒おいて隣り)とかいう記号によって、分かりやすく書かれているのだった。それでも、僕は、一軒も配達先へたどり着けず、所長の落胆を招いた。

 朝には特に睡眠薬の残っている僕には、配達ルートを覚えるのもままならなかった。

 夜は営業に出た。

 新聞をとってください、と、頭を下げて一般の家をまわるのだ。

 杉並区高円寺の専売所での生活が慣れてきた頃、つまりは、就業してから二週間ほど経った頃、

僕は、ついに、睡眠薬のせいで朝出勤をすっぽかしてしまった。

 枕許の時計を観れば、何と、八時過ぎを指している。

 ごんごんごんごん、ドアをノックする音が聞こえた。

 教えてもらってるのとは別の先輩だった。

 「**、ともかく、所長に謝れ。それだけでいいから」

「ちょっと、もう、僕には無理ですわ。普段、不眠症を持ちながら薬を飲んでの仕事ですもん。こんな日が来るのは分かってました。所長には、その旨説明します。それで、辞めますわ」

「何を言う。余分なことは言わなくていいから、次から気をつけて頑張ったらいいねや」

 そう、先輩専業員に諭されたが、僕は、所長に、自分の持病があって、新聞屋という業種では限界だと正直に伝えた。

「そうか、分かった。それなら、次のところを探せばいい。田舎に帰る気はないのか。……それなら、次の仕事が決まるまで、今のアパートから面接に行ったらいいよ」

 ここの所長にここまで融通を聞いてもらったことを、後に、何という幸福だったのか、と感謝することになる。

 僕は、新たに、東京での仕事を探した。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 1

山雨 乃兎

>xml_xslさん
ナイスを有り難うございます。
by 山雨 乃兎 (2008-05-22 19:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0