So-net無料ブログ作成
検索選択

『使徒行伝』読了 [最近、読んだ本]

小型新約聖書 詩篇附 - 文語訳

小型新約聖書 詩篇附 - 文語訳

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本聖書協会
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 文庫
 聖書の中の新約聖書から『使徒行伝』を読みました。
 パウロや使徒たちが、当時ユダヤ教以外認められていなかった中で、(済みません。ココ誤りです。ローマなどは、ユダヤ教ではなく多神教、神話の神への信仰でした)迫害に遭いながら各地へ伝道に行きます。
 何度もその土地の統治者や法律を励行する行政に捕まって、もう処刑されてしまうのではないか、という処で、神(の使いの天使など)によって監獄から逃げられて命拾いしています。
 初代教会のコミュニティーの中で、私財を全部共同体に提供する、と申告しておきながら、その財産の全容を少なく申告した兄弟(霊の)が、使徒の手によって(直接手を下すのではなく、霊力、或いは神の意志で神から直接)息を止められるという凄い事件も起きています。この兄弟(夫妻ですが)、私財を献納するというのは義務ではなかったのですが、だから、献納しないと言えばそれで良かったのですが、見栄があったのか、全財産捧げると公言しておきながら、その額をごまかすのです。こういう事を聖霊を穢す罪というそうです。
 使徒行伝の全編に、神の力が息づいています。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0