So-net無料ブログ作成
検索選択

『人はなぜ自殺するのか』読了 [最近、読んだ本]

 張 賢徳(ちょう よしのり)さんの、『人はなぜ自殺するのか(心理学的剖検調査から見えてくるもの)』を読みました。

人はなぜ自殺するのか―心理学的剖検調査から見えてくるもの (精神科医からのメッセージ)

人はなぜ自殺するのか―心理学的剖検調査から見えてくるもの (精神科医からのメッセージ)

  • 作者: 張 賢徳
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本

 暗い話題(素材)は恣意的に避けて過ごすというのも、それはそれで一つの好ましい生き方かも知れませんが、僕は、深刻に悩む問題こそ、根本的な原因追究をすべきだ、と今回思って、この本を借りてきました。

 この本の主な内容を表すと、張 賢徳さんが、1993年の日本に於いて、自殺者の心理学的剖検調査をされた結果から分かったことを記された本です。

 心理学的剖検調査の自殺者に対しての調査は、アメリカでは既になされていたのだそうです。

 心理学的剖検調査の自殺者に対しての調査とは、自殺した本人が、なぜ死んだのか、どういう動機だったのか、精神疾病を持っていたのかいなかったのか、を、遺族や友人に聞き取り調査して、統計学的に、特に、自殺者(既遂者)の中に、どの程度の精神障害を持った人が居たのかを結論づける調査のことです。

 張氏は、1993年当時、アメリカの大学院生で、この時期しかまとまった調査に動ける時期はないと決断されて調査をされました。

 でも、日本の場合、自殺者の家族は「そっとしておいて欲しい」「何の義務があって答えなければならないのか!?」という反発や、お叱りもお受けになったそうで、まず、第一に法的に或る特定地域の聞き取り調査をしようと思うと、役所(この場合、東京なので、東京都観察医務院)で自殺者のデータを見る、という処から始めなければならないし、統計学的な数字を出そうとすれば、その全数、或いは無作為に抽出した或る程度の数の調査対象を調べ、そのそれぞれの遺族または一番自殺者に近い関係にある人に連絡をとって面接をする必要がある訳です。著者は、当時一人で、観察医務院の院長に会い、調査協力を依頼されたそうです。結局、或る救急病院での二年間の自殺者に限っての個人(遺族または近しい人)への調査依頼をしてよい、との答えをもらったそうです。それでも、慎重に、遺族に心を第一に、一番の近親者(配偶者または両親のうち一人)に手紙を親展で送り、協力を依頼した上で、一週間より後に遺族から連絡がなかった場合のみこちらから電話する(その旨も手紙に書き記す)という方法をとられたそうです。

 

 日本での調査の結果、自殺者の89パーセントが自殺時に何らかの精神障害に罹患していたそうです。この中には専門の病院に通っていなかった人も含まれます。また、自殺前の短い期間に急激に精神障害的な状態に近いところまで気分が落ち込んでいた例も含まれるそうです。

 アメリカの調査で既に出ていた自殺者のなかに含まれる精神障害の割合も同じく90パーセントです。

 

 この本を読んでいて、自分の場合のそのものズバリだった箇所が有ります。

 精神障害の統合失調症の患者は、自殺念慮や希死念慮が高い、という事です。そして、統合失調症の既遂者の場合は、内省できる程回復しているときに、将来を悲観して、或いは、家族にもうこれ以上迷惑はかけられない等と思って、正常な判断ができる状態で死を選ぶ場合が多い、という事です。

 張さんは、思いやりのある考え方で、彼ら(統合失調症の患者)にも社会が容認する空気が必要、さらに、社会参加がしやすい社会システムなども必要だと書かれていました。

 自殺者(既遂者)の内の精神障害の内訳は、一番多いのが鬱病らしいです。

 鬱病の場合は、気分が落ち込んで、乖離(かいり)(我を忘れて知らない間に行動だけとってしまう)がある場合、そして、視野狭窄(自殺する以外の選択肢を考えられなくなっている状況)が起こっているそうです。

 後で、未遂者に、自殺行動をとったときの事を訊くと、「何故、自分が、あんなことを考えたのか、自分でもよくわからない」という答えをする人が圧倒的に多いそうです。それだけ、乖離が進んでいることが多いということでしょう。鬱病の場合、正常な判断ができない状態で自殺既遂にまで至っているということです。ですから、治療を受けることが急がれる訳です。

 アメリカの場合、自殺者の精神障害のパーセンテージは多い順に、鬱病、アルコール障害・薬物依存症、統合失調症。日本の場合、鬱病、統合失調症、アルコール・薬物依存症。

 鬱病の場合は、なるべく早く医師にカウンセリングを受けて、投薬治療をすることが望ましいです。本人にも、なぜ、自殺念慮が出てくるのか分からない状況で既遂にまで至ってしまうケースが多いからです。

 日本には、理性的な判断が出来る場合、自殺は、本人の意志を尊重すべきで美しい行為だ、という考え方も有ります。(僕が、その考えに近いですが)

 でも、決して幸福な社会とは言えないだろう。自殺者の多い社会は。と、張さんは仰有っています。

 もし、死ぬほど悩んでいたら、この本を読んでみてください。現状の理解の助けにはなりますし、解決策も自ら浮かぶかも知れません。

 自分だけで悩みを抱え込んで、誰にも相談しない場合には既遂にまで至ってしまうケースが多いそうです。

 今でも、「命の電話」という相談窓口が有りますし、国が「命の電話」に対しても経済的援助をするようになったそうです。

 この本は、充分に読む価値のある本でした。たとえ、自分に自殺念慮がなくても、身近な人を救うこともできます。

 実は、張氏自身が、友人の自殺を食い止められなかったという自責感から、このような研究をされたそうです。

 競争はあっても、弱い(調子の悪い人)も健やかに生活できる社会であることは望ましいことです。

・関連リンク

         天の神は見ている 


 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 8

VOXY

はじめまして、ブログ村、メンタルヘルスブログ経由で
おじゃましました。
わたくしもできるだけ自殺者が減るようにと
自分の立場でいろいろと考えておりますが
実際の問題にどのように応対していいかは
いつも戸惑いがあります。
良い本をご紹介くださりありがとうございました。
手にして読んでみたいと思いました。
by VOXY (2007-05-19 18:38) 

山雨 乃兎

>VOXYさん
はじめまして、山雨です。
日本では、自殺も一つの責任のとり方として容認する風潮があります。
しかも、僕の個人的見解からすると、西洋でも中近東でも、責任を全うするという自殺のケースもあると思われます。キリストを裏切ったユダも、「先生ばかりに辛い思いをさせてしまった。(いくら預言の成就のためとはいえ)」という気持ちになってユダは自殺したのだと思っています。
それはともかく、この本で頻出している例のように、自殺した人の殆どが精神障害の状態であったという事実は見逃せません。
社会主義のように、一律に物資(環境)を与えるのではなく、競争もあってしかるべきですし、その中でも、心に病をきたした人にも社会が寛容であるべきだと思いました。心の病とはいえ、神経の病であることもあるし、調子の悪くなった人ほど、忍耐も努力も有る人達なのだと思います。
人口密度が過剰になってから、神経や精神の病が増えたのだと私見としては思います。
張さんの、懐は深く、僕とは異なる考えも著者(張 賢徳)さんには有って、どこまでも人を救いたいという姿勢が伺われます。
by 山雨 乃兎 (2007-05-19 19:32) 

夕月琥珀

お早うございます。
自殺は近年急増して重大な社会問題になっています。
早急な解決が求められ、ひとりでも多く救われるよう望まれるところですが
一番の救済者は、やはり自分自身だと思います。

誰でも、望むように生きていい
自分を責める資格のある人は、誰もいない
人は誰も、喜ぶために生きている

私もそう思うようになってから随分変わりました。
自殺なんて、何の得にもならない馬鹿げた行為と今では思えます
ひとりひとりが意識改革をすれば、自殺者のない明るい社会も夢ではない
そう信じています。
by 夕月琥珀 (2007-05-20 08:24) 

山雨 乃兎

>sasasaさん
ナイスをありがとうございます。

>琥珀さん
自分を責めてーーーという理由が多いのだと思います。
それと共に、周りから責められる(社会的体裁など、或いは、失敗など。それと誰かと比較して結果が残せないと容認されない風潮などもありますね)事によって、余計自分を責めてしまうのだと思います。競争して結果を出すことには良い意味もあるのですが……。でも、その問題もさることながら、この本の数字としても出てきたように、鬱病などで自分は望んでいないのに自殺に至ってしまうというケースが多いようです。
by 山雨 乃兎 (2007-05-20 22:06) 

岩上 智一郎

 やっぱり世の中明かるくならないと駄目ですよね^^

 そんな訳で山雨さんにプレゼントですw
http://www.geocities.jp/kfpmk783/tomo/anime/sevun.MID

 一緒に世に出て、世の中を明るくしましょう^^
by 岩上 智一郎 (2007-05-21 10:14) 

山雨 乃兎

>岩上さん
感服!
貴方のページに行ったときにも、テーマミュージックが流れていたりしますが、エレクトーンで演奏されたんでしょうか。それとも、多重録音ですか。それにしても、独りでこれだけ忠実にセブンのテーマを再現される(イントロダクションまで有るし)とは流石です。
ウルトラセブンのテーマって元気になりますね。
ありがとう。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2007-05-21 17:38) 

おみ

急な病気などで近親者が亡くなった時に、
『もっと充分に看病してあげたかった。』
という意見を、割と耳にします。
自殺をされたら、更にその気持ちは強く、
『何故、自分が助けてあげられなかったのか?自分が何とかしていれば。』
という気持ちになる方がとても多いそうです。
人は、小さな気付きを見落とし、無意識に救いを求めていた者は、
気付きを得られずに絶望に向かうのかな。

私も、後から思うと『何故?』と思うような『衝動』があった事があります。
とにかく、目の前の厭な事(人)から逃げたくて、
『自分がいなくなれば?』という考えに目が向いてしまったり。
恐らく、自ら口にしなくても、無意識的に他者に赦しを求めていたと思います。
『あなたは、誰かを気にする事は無い。あなたはあなたで良いんだよ。』
っていう感じの赦しを。
或いは『深い理解』を。

今の世の中、他人を故意に絶望に追い込もう、ってヒトが増えているような。
何故にそんな、自分を上に見せようとする為に、
さもしく他人を追い落としていこうとするのか。なぁ。
質の良いカウンセリングを、気軽に受けられるようになると、
少しは違って来るのでしょうか?
或いは文化精神構造が異なるアメリカと日本では、
カウンセリングの効果も違ったりするのでしょうか?
社会にゆとりがなくなって来ているのが、
精神的に追い込まれる人が増えている原因だと思うんですけども。
by おみ (2007-05-26 09:02) 

山雨 乃兎

>おみさん
お返事が遅くなって済みません。
アメリカと日本ではカウンセリングの効果が違うというのは、何かで目にしたような気がします。
全体的(全国的)にアメリカ的に成りすぎましたね。当のアメリカも精神障害の人は多いと思います。現在では。
物が便利になりすぎたからかも知れませんね。
実は、現在の自分が自殺にかなり近いです。そういうところが小説にも自ずと出ているかも知れませんが……。自分にけりをつけようとするところが有りますね。僕には。
他人が不幸になるのは、誰でも少しは心の内でスカッとしたりする動物的本能が有りますね。でも、そんな気持ちが、精神構造の全てを蔽ってくると良い状況とは言えませんね。人間は、本能の上に情操・感情・意志・理性をまとってはじめて大人と言える訳ですから。
物が便利になった事と、それから、人口増加(人口過密)が精神に影響していると、僕は個人的に思います。
どうも、言葉足らずなコメントしか書けなくてごめんなさい。今日は、ネット(他サイト)に小説を掲載していたので、大分、コンピュータ操作だけでくたびれています。
また、お寄りします。(^。^)
by 山雨 乃兎 (2007-05-27 00:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。